• 検索結果 :
  • ビジネス(新着順)
  • 51〜60件
  • 全1034件
    • ビジネス

    112 view

    ❸学説学説とは、学者による「法律の解釈」のことをいいます。すなわち、ある「法律の解釈」について、➀学者の意見が学説です。➁裁判所の意見が判例です。ある論点について、多くの学者がおおむね賛成している説を「通説」と呼びます。すなわち、法律においては、説得力があると考えた学説を採...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • ビジネス

    103 view

    ❶条文条文とは、各法律に箇条書きされた文章のことです。法的な議論のスタートは、いつでも条文です。具体的な事件が発生した場合、六法に書かれた条文によって解決できるかどうか検討する必要があります。❷判例判例とは、裁判所が事件を解決するために下した判断のことをいいます。具体的な事...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • ビジネス

    134 view

    ≪❶条文❷判例❸学説≫法律を学んでいくための基本的知識。❶条文❷判例❸学説があります。法律の世界では、何かを主張するためには、しっかりとした根拠・理由づけが必要になります。そして、❶条文、❷判例、❸学説が法的主張の根拠・理由づけとなります。

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • ビジネス

    131 view

    契約の成立【1】意義一般的に、契約は意思表示の合致により成立します。このことを諾成契約といいます。。そして、契約の類型には、➀諾成契約➁要式契約③要物契約があります。*要式契約とは、一定の形式を備えることが必要とする契約です。*要物契約とは、目的物の引渡しが必要とされている...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • ビジネス

    123 view

    消滅時効1、概要時間の経過により権利が消滅することを消滅時効といいます。消滅時効とは、債権者が債務者に対して請求等をせずに,法律で定められた一定期間(5年ないし10年間)が経過した場合に,債権者の法的な権利を消滅させる制度です。例えば,金融機関から借金をしていたものの,5年...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • ビジネス

    131 view

    ⑴取得時効所有の意思をもって平穏かつ公然に占有して、善意無過失のときは10年、そうでないときは20年占有すると権利を取得します。➊「10年」=他人の物であることを知らず、そのことについて落ち度がない。❷「20年」=他人の物であることを知っていても、落ち度があって知らなくても...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • ビジネス

    113 view

    時効〖1〗概要時効とは、「時」間の経過により、法律関係の「効」力が変化し、権利を取得したり、権利が消滅することをいいます。➊権利を時間の経過により取得することを「取得時効」、❷権利が時間の経過により消滅することを「消滅時効」といいます。

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • ビジネス

    159 view

    ⑴連帯債務の性質(法433条)①連帯債務者とは、数人の債務者が同一内容の給付について、各自が独立して全部の給付をなすべき債務を負担し、そのうち一人が弁済すれば、他の債務者の債務も消滅する多数当事者の債務をいう。②連帯債務は、独立した債務であるため、債務者の一人について無効ま...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • ビジネス

    150 view

    連帯債務住宅ローンなどを借りる際に、複数の債務者が連帯して返済義務を負うことをいいます。夫婦などが収支を合算してローンを組むとき、一方が主たる債務者となり、もう一方が連帯債務者となる場合があります。返済期間中、金融機関(債権者)はどちらに対しても返済の請求ができます。連帯債...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • ビジネス

    116 view

    ⑷連帯保証人に生じた事由の効力通常の保証の場合、保証人について生じた事由の効力は、弁済などの主たる債務を消滅させる行為以外は、主たる債務者に影響を及ぼしません。しかし、連帯保証人は、主に、次の事由が生じた場合には、主たる債務者にも影響を及ぼします。①連帯保証人による債務の履...

    • 武井  信雄行政書士 マスク