• 検索結果 :
  • その他(新着順)
  • 1〜10件
  • 全52件
    • その他

    6 view

    ❷【属人主義】「属地主義」と対比される概念として「属人主義」があります。「属人主義」とは、犯人が自国民である限り犯罪地の内外を問わず自国の刑法を適用すべきであるとする原則です。諸国刑法も日本の刑法も属地主義を補充してこの主義を採用している(刑法3条)。これは、人に着目した法...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • その他

    15 view

    ➊【属地主義とは】法令の効力の基本は、「属地主義」と呼ばれるもので、法律であれば国内、条例であればその自治体内にある人やもの全てに当該地域の法令が適用されるというものです。なお、条文の中に例外等を定めた場合は別です。すなわち、犯罪が自国内で行われた限り何人に対しても自国の刑...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • その他

    43 view

    憲法の3つの特徴憲法の3つの特徴とは、⑴最高法規性⑵自由の基礎法⑶制限規範性です。⑴最高法規性国会が憲法に反する法律をつくったとしても、それは法律としての効力をもたない。(無効である)このことを憲法の最高法規性と呼びます。【憲法98条第1項】この憲法は、国の最高法規であって...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • その他

    23 view

    ☆☆<保証債務で最も資格試験に出題される箇所は次の事項です。>☆☆☆☆①主たる債務が成立していなければ、保証債務も成立しない。②主たる債務が消滅すると、それに伴って保証債務も消滅する。③主たる債務の内容が軽くなると、それに伴って保証債務の内容も軽くなる。④保証債務の内容は、...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • その他

    20 view

    ⑸相手方の取消権(無権代理行為)相手方は、2つ要件をみたせば、当該契約を取り消すことができます。【2つの要件とは、】①契約時に無権代理であることを知らなかった(過失の有無は問わない)②本人がまだ追認をしていないであります。

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • その他

    22 view

    ⑷相手方の催告権(無権代理行為)相手方は、契約が有効なのか無効なのか不安定な状態に置かれます。このような状態を安定させるために、民法において、相手方に「催告権」と「取消権」を与えています。相手方は相当の期間を定め、本人に対して追認をするか確答すべき旨を催告することができ、確...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • その他

    23 view

    ⑵無権代理における原則➀無権代理人が結んだ契約は無効であり、原則として本人に効力は生じません。(☆代理人にも効力は生じません)➁無権代理による行為が本人に対する関係で無効と判断された場合には、無権代理人自身が取引を履行し、または相手方の損害を賠償しなければならないと定めてい...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • その他

    55 view

    ⑶心理留保売る気がないのに「売る」と言ったり、契約書に署名したりすることです。その効果ですが、契約は有効に成立してしまいます。安全な取引のために、自分の言った言葉には責任を持たねばなりません。ただし、相手方が、①表意者の真意を知っていた場合(悪意)または、②一般人の注意をも...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • その他

    30 view

    ⑵通謀虚偽表示相手方と通謀してなした虚偽の意思表示のこと。虚偽表示ともいい、意思の欠缺の一類型である。虚偽表示(通謀虚偽表示)は原則として無効であるが(民法94条1項)、この意思表示の無効は、その事情を知らない善意の第三者に対して対抗できない(同条2項)。これは簡単に言うと...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • その他

    29 view

    ⑴錯誤錯誤とは、思いちがい、言いまちがいです。「勘違いです。」心理留保や虚偽表示は、表意者自らが真意とは違った発言をするのに対し、錯誤とは自分で食い違いに気付いていないことです。錯誤とは「勘違い」ですから、表意者は基本的に悪くはありません。よって、表意者(発言した本人)保護...

    • 武井  信雄行政書士 マスク