コラムを使ってセミナーの第4回目

  • 武江 泰男行政書士 マスク

page view

667 PV

2016年07月27日 コラム番号:473

成年後見制度の利用の促進に関する法律について

 まず、成年後見制度の利用の促進に関する法律とは、成年後見の地域における需要を把握して、後見人の担い手を育成する等制度の利用を促す目的で、現行の成年後見制度を変更するものでなく、法律施行後3年以内に法制上の措置を講じるように政府に求める法律です。
 そこで、政府は、内閣府に成年後見制度利用促進会議及び委員会、関係行政機関に成年後見制度利用促進専門家会議を設置して、後見人の権利権限のあり方等を検討しています。
 さらに、成年後見の事務の円滑化を図るための民法及び家事事件手続法の一部を改正する法律が4月6日の参議院本会議で可決成立し、家庭裁判所が認めれば、後見人が被後見人宛の郵便物の配達受け、(民法860条の2・3)被後見人の死後、弁済期が到来している相続財産に属する債務に限り弁済(民法873条の2第2号)、火葬又は埋葬の契約締結、相続財産の保存に必要な行為をすることができる(民法873条の2第3号)等の後見人の権限強化がされました。
  従って、武江きずな行政書士事務所でも、成年後見制度についてのご相談等のお手伝いをさせて頂きますので、お気軽にお声を掛けて頂ければ幸いです。
  最後に、武きずなの行政書士ふれあい日記は、土日祝日は合併号ですが、ほぼ毎日掲載しており、今回はコラムを使ってセミナーの第4回目として、そのブログを使ってセミナーの第38回目の一部を変えて、掲載させて頂きました。
 さらに、武きずなの行政書士ふれあい日記のブログを使ってセミナーは、遺言以外のテーマにしたもの等現在、第41回目までありますので、そちらの方も是非ご覧頂ければ幸いです。

コラムを使ってセミナーの第4回目 イメージ1

成年後見人に関する無料相続相談

コラム執筆者

  • 相続遺言コンサルタント業務(遺産分割協議書の作成・遺言書の起案及び作成指導・争族にならない為の相続人の確定・相続財産の調査・遺言執行手...