• 検索結果 :
  • 『所有権』を含む(新着順)
  • 1〜10件
  • 全78件
    • 不動産

    12 view

    敷地利用権とは、マンションなどの区分所有建物において、建物と一体化した土地に対する権利のことです。敷地権とも言います。マンションを購入すると、区分所有権と同時に敷地権も所有することになります。区分所有建物では、敷地は所有者全員の共有物であるため、敷地権は「敷地持分の共有」ま...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • ライフプラン

    11 view

    ◇【一部共用部分の帰属】について・・・・・・・過去問によく出題されます。この建物の専有部分と共用部分の関係は、建物内において明確に一部の人だけが利用する一部共用部分がある場合、例えば、1棟のマンションにおいて下が店舗部で上が住居部などのような場合において、店舗部だけで使用す...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 不動産

    24 view

    信託の登記というのは、土地などの管理や処分を受託者(信託会社など)に任せるものです。土地の管理などを受託者に任せるにあたって、受託者に土地の所有権移転登記をする形をとります。不動産登記法99条=受益者又は委託者は、受託者に代わって信託の登記を申請することができる.本条では、...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 土地活用

    41 view

    Ⅱ-登記記録の編成⑴登記記録登記記録には、土地の登記記録と建物の登記記録があります。いずれも、➊「表題部」❷「権利部」があります。❷「権利部」は、➀「甲区」と➁「乙区」に分けられrています。⑵「表題部」表題部には、その「不動産の物理的な現況」が記載されています。この表題部に...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 土地活用

    17 view

    不動産登記法(1)概要(不動産登記制度の目的)不動産の所有権取得等は、登記をしなければ第三者に対抗することができません。先に不動産を買っても登記をしなければ、後から買って先に登記をした者がその不動産所有権を取得します。不動産の取得以外にも、抵当権や地上権、地役権等を移転・設...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • ビジネス

    17 view

    ❷一定期間権利行使を行わない(=消滅時効の期間)この期間については、「どのような債権なのか」によって異なります。➀通常債権の消滅時効の期間は10年➁債権以外の財産権(地上権、永小作権、地役権、抵当権)の消滅時効の期間は20年③短期消滅時効(10年未満)・・・・請負代金3年間...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • ビジネス

    24 view

    〖2〗債権の種類民法は「債権の目的」と題して、特定物債権、種類債権(不特定物債権)、金銭債権、利息債権、選択債権の5種について規定しています(同法400条以下)。行政書士試験においては、、特定物債権、種類債権(不特定物債権)、金銭債権、が重要ポイントであります。【1】特定物...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 不動産

    100 view

    不動産登記簿現在、登記簿は磁気ディスクをもって調製されています。登記所(法務局)では,所定の請求書を提出すると,だれでも登記事項証明書(登記事項の全部又は一部を証明した書面。)の交付を受けることができます。そして、だれでも登記事項要約書(登記事項の概要を記載した書面)の交付...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 不動産

    65 view

    不動産登記制度の意義不動産登記制度は、不動産の表示及び不動産に関する権利を公示することによって、当該不動産に関する権利の保全を図るとともに、取引の安全と円滑に資することを目的した不動産登記法に定められている(法1)。不動産を取引する上において、その土地にいかなる物権が成立し...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 不動産

    68 view

    ◇【区分所有建物の場合の各項目の説明内容】1、敷地に関する権利の種類及び内容宅建士は、区分所有建物の敷地面積や権利の種類について説明します。建物の敷地をしっかりと確認するとともに、敷地全体に所有権があるかどうかを確認し説明します。借地権部分がある場合などは、地代などの負担が...

    • 武井  信雄行政書士 マスク