• 検索結果 :
  • 『所有権』を含む(新着順)
  • 1〜10件
  • 全88件
    • 相続
    • 不動産
    • ライフプラン

    29 view

    1.配偶者居住権の創設遺言書が無い場合は民法の規定に基づき遺産分割がなされる。そうすると配偶者が自宅を相続した場合、預貯金の相続額が減ってしまい、生活費が不足する恐れが考えられる。そこで、2020年4月以降は所有権と居住権を分けられるようにして、自宅の居住を続けながら預貯金...

    • 岩橋  栄子FP マスク
    • 土地活用

    21 view

    ⑵囲繞地通行権民法211条1項においては、他の土地に囲まれて公道に通じない土地(袋地)の所有者に、その土地を囲んでいる他の土地(囲繞地)を通行する囲繞地通行権を認めています。これは、様々な立地状況の土地が存在することを踏まえ、隣接する相互の土地の利用関係を調整するため、囲繞...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 不動産

    23 view

    【共有】【1】概要共有とは、二人以上の者が同一物の所有権を量的に分有する状態です。数人の者が同一物を共同で所有することをいいます。各人の所有権(持分権)は目的物が同一であるため拘束を受けます。例えば、共有物の所有権者は、共有物につき持分に応じて権利,義務を有します(民法24...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 不動産

    22 view

    【1】相隣関係とは相隣関係とは、隣りあった土地の間の法律的関係を言います。民法上の法律用語です。自分の土地は自分が自由に用いることがでます。そして、隣の土地には手出しできないのが所有権の原則です。しかしながら、ある土地の使い方が隣の土地に深刻な影響を及ぼす場合、「民法」は、...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • ビジネス

    28 view

    ⑴取得時効所有の意思をもって平穏かつ公然に占有して、善意無過失のときは10年、そうでないときは20年占有すると権利を取得します。➊「10年」=他人の物であることを知らず、そのことについて落ち度がない。❷「20年」=他人の物であることを知っていても、落ち度があって知らなくても...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 土地活用

    77 view

    公信の原則公信の原則とは、「真実の権利関係」があるような「外形を信頼した者は保護されなければならない」という原則です。物権の存在を推測させるような外形、つまり、「登記」、「登録」、「占有」などによる公示を信頼して取引関係に入った者は、その外形が「真実の権利関係を反映しない虚...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 土地活用

    36 view

    【4】公示の原則公示の原則とは、物権の変動は「常に外部からわかるように明示・公示しなければならない」という原則です。すなわち、権利状態が客観的にわかるようにする原則です。土地・建物のような「不動産」の取引は、外見上の変化がありません。そのため、所有権・抵当権など排他的権利が...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 土地活用

    43 view

    【3】物権変動を生じる時期物権変動を生じる時期とは、民法において「物権の設定および移転は、当事者の意思表示のみによって、その効力を生ずる」(176条)と定めています。よって、物権変動は、原則として意思表示をした時、つまりは契約時に生じることになります。当事者の意思表示だけで...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 土地活用

    61 view

    【2】物権変動の主な原因物権が変動する主な原因は、当事者間の契約や遺言などの法律行為・意思表示です。そして、①売買契約、②贈与契約、③地上権設定契約、④抵当権設定契約などによって、所有権、地上権、抵当権等が発生・移転します。そのほか、当事者の意思によらない時効や相続によって...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 土地活用

    24 view

    【1】物権変動の意味物権変動とは、物権(所有権、抵当権など)が発生したり、移転したり、消滅したりすることのです。例えば、建物を新築すれば建物の所有権が発生し、土地を売買すれば土地の所有権が移転します。そして、土地に地上権を設定すれば地上権が発生し、抵当権を設定すれば抵当権が...

    • 武井  信雄行政書士 マスク