• 検索結果 :
  • 『所有権』を含む(新着順)
  • 1〜10件
  • 全83件
    • 土地活用

    41 view

    公信の原則公信の原則とは、「真実の権利関係」があるような「外形を信頼した者は保護されなければならない」という原則です。物権の存在を推測させるような外形、つまり、「登記」、「登録」、「占有」などによる公示を信頼して取引関係に入った者は、その外形が「真実の権利関係を反映しない虚...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 土地活用

    12 view

    【4】公示の原則公示の原則とは、物権の変動は「常に外部からわかるように明示・公示しなければならない」という原則です。すなわち、権利状態が客観的にわかるようにする原則です。土地・建物のような「不動産」の取引は、外見上の変化がありません。そのため、所有権・抵当権など排他的権利が...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 土地活用

    14 view

    【3】物権変動を生じる時期物権変動を生じる時期とは、民法において「物権の設定および移転は、当事者の意思表示のみによって、その効力を生ずる」(176条)と定めています。よって、物権変動は、原則として意思表示をした時、つまりは契約時に生じることになります。当事者の意思表示だけで...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 土地活用

    37 view

    【2】物権変動の主な原因物権が変動する主な原因は、当事者間の契約や遺言などの法律行為・意思表示です。そして、①売買契約、②贈与契約、③地上権設定契約、④抵当権設定契約などによって、所有権、地上権、抵当権等が発生・移転します。そのほか、当事者の意思によらない時効や相続によって...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 土地活用

    8 view

    【1】物権変動の意味物権変動とは、物権(所有権、抵当権など)が発生したり、移転したり、消滅したりすることのです。例えば、建物を新築すれば建物の所有権が発生し、土地を売買すれば土地の所有権が移転します。そして、土地に地上権を設定すれば地上権が発生し、抵当権を設定すれば抵当権が...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 不動産

    70 view

    敷地利用権とは、マンションなどの区分所有建物において、建物と一体化した土地に対する権利のことです。敷地権とも言います。マンションを購入すると、区分所有権と同時に敷地権も所有することになります。区分所有建物では、敷地は所有者全員の共有物であるため、敷地権は「敷地持分の共有」ま...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • ライフプラン

    65 view

    ◇【一部共用部分の帰属】について・・・・・・・過去問によく出題されます。この建物の専有部分と共用部分の関係は、建物内において明確に一部の人だけが利用する一部共用部分がある場合、例えば、1棟のマンションにおいて下が店舗部で上が住居部などのような場合において、店舗部だけで使用す...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 不動産

    67 view

    信託の登記というのは、土地などの管理や処分を受託者(信託会社など)に任せるものです。土地の管理などを受託者に任せるにあたって、受託者に土地の所有権移転登記をする形をとります。不動産登記法99条=受益者又は委託者は、受託者に代わって信託の登記を申請することができる.本条では、...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 土地活用

    85 view

    Ⅱ-登記記録の編成⑴登記記録登記記録には、土地の登記記録と建物の登記記録があります。いずれも、➊「表題部」❷「権利部」があります。❷「権利部」は、➀「甲区」と➁「乙区」に分けられrています。⑵「表題部」表題部には、その「不動産の物理的な現況」が記載されています。この表題部に...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 土地活用

    52 view

    不動産登記法(1)概要(不動産登記制度の目的)不動産の所有権取得等は、登記をしなければ第三者に対抗することができません。先に不動産を買っても登記をしなければ、後から買って先に登記をした者がその不動産所有権を取得します。不動産の取得以外にも、抵当権や地上権、地役権等を移転・設...

    • 武井  信雄行政書士 マスク