• 検索結果 :
  • 『所有権』を含む(新着順)
  • 51〜60件
  • 全88件
    • 不動産

    399 view

    (1)不動産の権利確保☆登記制度登記(とうき)とは、法に定められた一定の事柄を帳簿や台帳に記載することをいう。一般には権利関係などを公示するため法務局(登記所)に備える登記簿に記載することをいう。不動産登記、商業登記、船舶登記などの種類があるが、単に登記というときは、不動産...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 不動産

    381 view

    5.決済<銀行等のローンを利用する場合。>通常ローンを申請した銀行に、売主・買主・仲介業者・司法書士が一堂に会して行われます。ローンを利用しない場合(自己資金決済)は基本的にはどこでも構いませんが不動産業者が売主、若しくは仲介の場合はその不動産業者の事務所で行なうのが一般的...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 不動産

    440 view

    ◇不動産にまつわる権利関係所有権、賃借権、借地権、借家権など不動産(土地・建物)の権利関係は、不動産取引において一番注意が必要なことです。個人に関して言えば、特にマイホームを取得する際には、後々のトラブルを避けるためにも、権利関係を十分に確認しておくことが大切です。ここでは...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 不動産

    519 view

    ★民法で定める不動産土地及びその定着物をいう(民法86条1項)。不動産以外の物は、全て動産(どうさん)である(同条2項)。不動産は、その移動が容易でなく、かつ、財産として高価であるため、動産とは別個の規制に服する(民法177条など)。日本の民法においては土地上の建物は土地と...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 不動産

    423 view

    【登記手続】国は、各地域に法務局(登記所)を設け、土地建物の登記簿を作成して、権利関係等々を管理している。不動産登記とは、不動産(土地・建物)の物理的現況及び権利関係を公示することを目的とする登記で、取引の安全を保護するのに役立つ(公示力)。不動産の物理的現況を公示する「表...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 不動産

    342 view

    (1)不動産の権利不動産登記の効力不動産に関する物権の得喪変更(物権変動)を第三者に対抗するためには、不動産登記(権利に関する登記)をする必要がある(民法177条)。例えば、不動産を購入した者は、売買契約によって所有権を取得する(民法176条。意思主義)が、その登記を怠ると...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • ビジネス

    316 view

    (3)建替え決議区分所有者および議決権の各4/5以上の賛成が必要となります。規約で別段の定め(定員の増減)はできません。☆建替えに賛成の区分所有者は、反対の区分所有者に対して、区分所有権の売渡請求をすることができます。(宅建試験にては、ここが重要点です。)

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • ビジネス

    330 view

    3-5区分所有法(1)専有部分と共用部分マンションには、専有部分と共用部分があります。専有部分は、居住用や事務所として利用される部屋であります。共用部分は、法定共用部分と規約共用部分とに分けられます。☆法定共用部分とは、廊下や階段、エレベーターなど、みんなで共用されるものを...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • ビジネス

    352 view

    (4)申請主義○登記は、原則として申請主義によってなされます。登記は、当事者の申請または官庁・公署の嘱託によってなされます。例外として、不動産の表示に関する登記等は登記官の職権による登記が認められます。☆共同申請主義登記を申請する者は、その物権変動の当事者です。当事者が共同...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • ビジネス

    293 view

    (2)登記*登記は、登記官が登記記録を登記簿に記録することである。*登記記録とは、一筆の土地または一個の建物ごとに、表題部および権利部に区分して作成される電磁的記録をいいます。登記簿には表題部と権利部がある。1)表題部表題部とは、不動産の表示に関する登記が記録される部分をい...

    • 武井  信雄行政書士 マスク