• 検索結果 :
  • 『所有権』を含む(新着順)
  • 61〜70件
  • 全88件
    • ビジネス

    314 view

    3-3不動産登記法(1)概要「不動産の所有権取得等は、登記をしなければ第三者に対抗することができない。」先に不動産を買っても登記をしなければ、後から買って先に登記をした者がその不動産所有権を取得します。不動産の取得以外にも、抵当権や地上権、地役権等を移転・設定した場合にも、...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • ビジネス
    • ビジネス
    • 不動産

    338 view

    1)第三者弁済(抵当不動産の第三取得者)抵当不動産の第三取得者は、債務者に代わって弁済をすることにより、抵当権の実行を防止することができます。これは、債務者の意思に反していてもすることができます。そして、債務者に代わって債務を弁済した第三取得者は、債務者に対して弁済額の支払...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • ビジネス

    319 view

    (8)抵当不動産の第三取得者抵当権が設定されている不動産を買い取った(所有権を取得した)者を、「抵当不動産の第三取得者」といいます。抵当不動産の第三取得者には、所有権を守るために多くの権利が認められています。抵当不動産の第三取得者に認められる権利1)第三者弁済2)抵当権消滅...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • ビジネス

    428 view

    (5)担保的権利による制限抵当権が設定されているものを売った場合です。善意・悪意を問わず、抵当権の実行により所有権を失った買主は、契約の解除および損害賠償の請求ができます。☆除斥期間→制限なし。善意・悪意を問わず、買主はいつでも売主の責任を追及できます。(ここが中心的に出題...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • ビジネス

    303 view

    5)解除による第三者との関係(債務不履行の場合)契約が解除されたことによって、第三者は不測の損害を受けるおそれがあります。①例(債務不履行の場合)売主Aと買主Bの建物売買契約において、買主Bから更にその建物を買ったCさんは、AとBの契約が解除されたら場合AとBの契約解除前に...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • ビジネス

    796 view

    (2)所有権絶対の原則所有権は、何ら人為的拘束を受けず、侵害するあらゆる他人に対して主張することができる完全な支配権であり、国家の法よりも先に存在する権利で神聖不可侵であるとする原則。具体的には、財産権を保障する憲法第29条、財産権は、これを侵してはならない。財産権の内容は...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • ビジネス

    440 view

    3-1-1民法の原則*「権利能力平等の原則」*「所有権絶対の原則」*「私的自治の原則」*「過失責任の原則」であります。(まずは、気楽に読みあげておいてください。)<コラム>『これらは本来、西欧において、近代市民革命を通して成立した原則です。これらの身分的階層秩序や、封建的土...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • ビジネス

    427 view

    3)消滅時効i)概要時間の経過により権利が消滅することを消滅時効といいます。消滅時効が試験に出るとしたら、「消滅時効の起算点」です。確定期限ある債権は、期限到来時を消滅時効の起算点とします。不確定期限ある債権も期限到来時を消滅時効の起算点とします。債務不履行による損害賠償債...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • ビジネス

    305 view

    【時効】1)概要時効とは、「時」間の経過により、法律関係の「効」力が変化し、権利を取得したり、権利が消滅することをいいます。★権利を時間の経過により取得することを「取得時効」、★権利が時間の経過により消滅することを「消滅時効」といいます。2)取得時効・所有の意思をもって平穏...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • ビジネス

    314 view

    ii)強迫法律上★取消による効果をもって、善意の第三者にも対抗することができます。詐欺の場合と異なって、第三者よりも表意者が保護されます。強迫されていたのだから仕方なく、だまされる(詐欺)よりも帰責性(責任度)が低いということです。☆詐欺・強迫の要点詐欺の場合は、第三者が詐...

    • 武井  信雄行政書士 マスク