• 検索結果 :
  • 『武井 信雄』を含む(新着順)
  • 1〜10件
  • 全1945件
    • ビジネス

    審査請求をすべき行政庁の区分(4条)審査請求は、法律・条例に特別の定めがある場合を除くほか、下記の区分に応じてするものとされています。【4条】(1)➊処分庁等に上級行政庁がない場合。❷処分庁等が主任の大臣、➌処分庁等が宮内庁長官、➍処分庁等が外局としておかれる庁の長、❺処分...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • ライフプラン

    ⑴第1号被保険者【自営業者、農業者、学生など】第1号被保険者とは、日本国内に住所を有する20歳以上60歳未満の者であって、第2号被保険者及び第3号被保険者のいずれにも該当しないものです。第1号被保険者は、自営業者、無職者(学生等)等を対象とします但し、厚生年金保険の老齢厚生...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • ライフプラン

    1 view

    強制加入被保険者強制加入被保険者とは、日本においては、20歳以上の人はすべて公的年金制度への加入が義務づけられており、強制加入の制度になっています。これに対し、加入が本人の意思に委ねられていることを任意加入といいます。日本国内に住んでいる20歳以上60歳未満の人は、すべて国...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • ビジネス

    1 view

    【行政不服審査法の「長所」・「短所」】⑴長所」⑴書面審理なので簡易迅速な救済が行われる。⑵行政処分が「違法」か否かだけではなく、行政裁量の行使が不当ではないかについても審理できる。(裁判所「行政訴訟法」では、適法・違法の審査のみである)⑶行政機関の専門的知識を活用することが...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • ビジネス

    2 view

    ⑵最も重要なことは株主総会で決める「組織論」においては、「責任と権限」というものがあります。つまり、1000万円以上の部長決済を与えることにより、もしその件でトラブルがあった場合は、責任を取らねばなりません。会社の意思決定は、すべて「責任と権限」の原則に基づいて行われます。...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • ビジネス

    2 view

    ⑴会社意思決定にも階層がある会社の組織には、事業本部・営業部・営業課・などの階層があります。事業本部には、「事業本部長」営業部には営業部長、営業課には、営業課長などの責任者がいます。そして、重要な事項になるにつれて、意思決定する人の職位が上の人が行います。例えば、「100万...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • ビジネス

    12 view

    ⑴会社とは❶会社とは営利を目的とした集団1-営利を目的に人が集まってくる2-役割分担や権限をもつ組織がある3-法人格がある❷会社は法律で認められた人=法人1、会社とは、「法人格を有する組織であり営利を目的とした人たちの集団」である。2、法人とは、自然人=一般人の個人に対する...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • ビジネス

    3 view

    ⑵株式会社とは株式会社は❶出資者は有限責任である❷所有と経営が分離している❸株式を売買できる。ことです。❶出資者は有限責任である有限責任とは、「会社が倒産した場合などには、自分が出資している金額の範囲内だけ責任を負う」ということです。❷所有と経営が分離している「所有と経営が...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • ビジネス

    5 view

    ⑶保護主義自国・自国民の利益を侵害する重大な犯罪においては、犯罪地、犯罪者の国籍を問わず、自国の刑罰法を適用するもの。日本でも内乱罪・通貨偽造罪などの重大犯罪において保護主義をとっている。よって、外国人が、外国で、日本の通貨を偽造すれば、日本の法によって裁かれる。つまり、海...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • その他

    6 view

    ❷【属人主義】「属地主義」と対比される概念として「属人主義」があります。「属人主義」とは、犯人が自国民である限り犯罪地の内外を問わず自国の刑法を適用すべきであるとする原則です。諸国刑法も日本の刑法も属地主義を補充してこの主義を採用している(刑法3条)。これは、人に着目した法...

    • 武井  信雄行政書士 マスク