• 検索結果 :
  • 『武井 信雄』を含む(新着順)
  • 1〜10件
  • 全1833件
    • 不動産

    3 view

    ⑷登記がなくても対抗できる相手(第3者)❶不法占有者等不法行為者(判例)不法占拠者等を保護する必要はないからです。❷詐欺又は強迫により登記の申請を妨げた者(不動産登記法5条1)❸他人のため登記の申請する義務があるもの(不動産登記法5条2)但し、その登記の原因が自己の登記原因...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 不動産

    19 view

    2,借地期間借地借家法では、最初の借地契約の期間は30年以上と定められています。最初の借地契約を結ぶときには30年よりも短い期間に設定することはできませんが、逆に40年、50年と長い期間に設定することは可能です。◆最初の契約で地主と借地権者との間で20年の契約という約束を交...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 不動産

    37 view

    【土地賃貸借契約の中途解約】土地賃貸借契約の中途解約は、期間の途中において、無条件で契約を解除するというのはできません。しかし、解約申入条項において途中で解約できる旨が記載されている場合は可能です。ただし、借地借家法において賃借人からの解約申入条項は、保護ルールに反するとさ...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 不動産

    15 view

    【借地借家法適用外の場合、適用される法律】借地借家法の「建物所有目的」ではない場合は、適用外となります。その場合は、民法上の期間の上限が適用されることになります。〖1〗土地賃貸借の契約期間民法上においては、賃貸借契約の期間の上限は20年とされています1、民法第604条(賃貸...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 土地活用

    18 view

    【一時使用目的の賃貸借契約も借地借家法適用外】借地借家法の対象とならないは、土地または建物が「一時使用目的」とみなされた場合です。借地借家法25条(一時使用目的の借地権)の「臨時設備の設置その他一時使用のための借地権を設定したことが明らかな場合には適用しない」。借地借家法4...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 不動産

    14 view

    【建物がその主たる目的でない場合は、借地法の適用がない】建物がその主たる目的でなく、従たる目的とみなされた時は、借地法の適用はできません。最高裁の判例を見ると、認められなかったものとして以下の敷地に付随している建物になります。①ゴルフ練習場➁バッティング練習場③自動車展示場...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 土地活用

    31 view

    ⑶【借地借家法における「建物」の定義】借地借家法の1条において「この法律は、建物の所有を目的とする地上権および土地の賃借権の存続期間、効力等並びに建物の賃貸借の契約の更新、効力等に関し特別の定めをするとともに、借地条件の変更等の裁判手続きに関し必要な事項を定めるものとする」...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 土地活用

    26 view

    【借地借家法が適用されない場合】借地借家法が適用外となるものについては、法律によって以下のようなものが定められています。➊「建物の所有を目的」としないもの❷一時使用目的であるもの➌賃料を払わず無償で借りているものこれらいずれかに当てはまる場合は、借地借家法の適用対象外となり...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 不動産

    11 view

    【借地借家法の適用範囲】借地借家法とは、「借地権」と「借家権」の権利を定めている法律です。土地や建物を賃貸借する際に適用されます。家を借りている人や、土地を借りている人は、一般的に地主、家主に比べるとどうしても弱い立場となってしまいます。そのため、その借主に権利を保護の目的...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • ビジネス

    28 view

    【行政不服審査法の目的】行政不服審査法の目的は2つあります。➊「簡易迅速な手続による国民の権利利益の救済」❷「行政の適正な運営の確保」です。具体的には➊「簡易迅速な手続による国民の権利利益の救済」裁判のように手間、時間、費用をかけない「簡易迅速な手続」で「国民の権利利益を救...

    • 武井  信雄行政書士 マスク