• 検索結果 :
  • 『相続税』を含む(新着順)
  • 1〜10件
  • 全138件
    • 相続
    • 相続税
    • 不動産

    32 view

    相続の時に揉める理由の一つとして、相続財産のうち、不動産の割合が多いことがあげられます。相続財産に不動産が多いという事は、不動産は分けづらい財産の1つなので、相続人同士で均等に相続財産を分けることが難しくなります。現金・預金でしたら相続人の間で分けることも簡単にできます。例...

    • 竹清嘉晃FP マスク
    現金と不動産の相続評価の違い
    • 不動産

    117 view

    詳細にいえば、◇宅地建物取引業の判断は次の事項を参考に諸要因を勘案して総合的に行われるものとされています。<(宅地建物取引事業性の勘案)判断基準>(1)取引の対象者広く一般の者を対象に取引を行おうとするものは事業性が高く、取引の当事者に特定の関係が認められるものは「事業性が...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • ビジネス

    104 view

    第五編相続相続とは、ある人が死亡した時に、その人の権利義務関係が他の人に包括的に受け継がれることをいう。権利義務関係を受け継ぐ人を相続人といい、権利義務関係を受け継がれる人、つまり死亡した人を被相続人という。相続においては権利だけでなく義務も受け継がれるため、借金なども相続...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 相続税

    252 view

    2、〖相続放棄をした人以外への影響〗相続人の中に相続放棄をした者がいた場合、その人を省いて遺産分割協議をします。他の相続人が相続放棄をした結果、もし相続人が一人になったら遺産分割協議書等の作成は必要なくなります。自分しか相続人がいなくなるからです。ただし、相続税の計算に当た...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 相続税

    214 view

    1、〖相続放棄をした本人への影響〗家庭裁判所にて相続放棄の手続きを取り、裁判所がその手続きを認めれば、相続放棄の事実を証明できます。この場合、相続放棄をした本人は相続財産の一切を受取ることができません。また、代襲相続も認められません。なお、相続財産を受取っていないため、相続...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 相続税

    365 view

    相続税とは、相続または遺贈(死因贈与含む)により、財産を取得した個人に課せられる税金のことです。法人が遺贈により取得した財産は、原則として法人税の課税対象となります。なお、日本国内に住所がある個人が相続した財産は、日本国外にある財産も含めて、すべて相続税の課税対象となります...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 遺言

    241 view

    相続税の申告において、「配偶者の税額軽減」を受けるときや、遺産分割協議書を登記原因を証する書面として不動産の相続登記を行う場合には、必ず遺産分割協議書を作成します。なお、遺産分割協議書には印紙税はかかりませんから、印紙を貼る必要はありません。

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 贈与
    • 相続税

    221 view

    1,生前贈与の落とし穴・贈与したつもりが、税務署からは単に名義を変えただけで相続財産とされる場合がある。・贈与税の方が相続税よりも税率が高い。・不動産を生前贈与する場合には、「不動産取得税」や「登録免許税」が課税されるが、これらの税金は、相続時に比べると高い税率が設定されて...

    • 菅原 勝哉税理士 マスク
    生前贈与の落とし穴
    • 相続税

    266 view

    相続税の計算・申告【計算】1)死亡保険金等の非課税限度額は「500万円×法定相続人の数」、2)相続税の基礎控除額は「3,000万円+600万円×法定相続人の数」で計算する。3)相続税の計算においては、相続放棄はないものとし、養子の数を制限して「法定相続人の数」を算出する。4...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 信託

    349 view

    一般的な遺言書である『公正証書遺言』作成件数は平成28年に10万5350件(日本公証人連合会の統計)、平成8年の5万件から毎年増加し20年間で2倍に達しました。他に『自筆証書遺言』『秘密証書遺言』(統計資料無し)を含めますと実際に遺言書を作成している人は10万人をはるかに超...

    • 公式コラム
    3代先の家族の幸せを実現する家族信託