• 検索結果 :
  • 『遺言』を含む(新着順)
  • 1〜10件
  • 全191件
    • 相続
    • 不動産
    • ライフプラン

    3 view

    1.配偶者居住権の創設遺言書が無い場合は民法の規定に基づき遺産分割がなされる。そうすると配偶者が自宅を相続した場合、預貯金の相続額が減ってしまい、生活費が不足する恐れが考えられる。そこで、2020年4月以降は所有権と居住権を分けられるようにして、自宅の居住を続けながら預貯金...

    • 岩橋  栄子FP マスク
    • 相続

    11 view

    遺言の方式【960条遺言は、この法律に定める方式に従わなければ、これをすることができない。】【961条満十五歳に達した者は、遺言をすることができる。】遺言には普通方式遺言と特別方式遺言とがあり、普通方式遺言には❶「自筆証書遺言」❷「公正証書遺言」❸「秘密証書遺言」の3種類が...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 相続税

    11 view

    6-【相続分】相続分とは、各相続人が相続財産全体に対してもつ権利義務の割合をいい、指定相続分と法定相続分があります。被相続人が遺言によって相続分の指定をしていた場合(指定相続)には、その指定通りに相続分は決まりますが、この指定がない場合には、相続人の範囲と相続分を民法で規定...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 遺言

    12 view

    ➀遺留分とは、一定範囲の相続人に認められた権利で、「相続財産のうち、最低でもこれだけは取得できる」割合のことです。被相続人が「友人に全財産をあげる」と遺言に書いたとしても、遺留分権利者は遺留分相当額を請求することができます(遺留分減殺請求)。すなわち、「遺留分」とは、法律上...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 土地活用

    48 view

    【2】物権変動の主な原因物権が変動する主な原因は、当事者間の契約や遺言などの法律行為・意思表示です。そして、①売買契約、②贈与契約、③地上権設定契約、④抵当権設定契約などによって、所有権、地上権、抵当権等が発生・移転します。そのほか、当事者の意思によらない時効や相続によって...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 相続

    129 view

    〖遺留分〗★★【1】意義遺留分とは、一定の範囲の法定相続人に認められる、最低限の遺産取得分のことです。民法の相続規定は原則として遺言によって排除しうる任意規定であります。被相続人は相続財産を生前処分や死因処分によって自由に処分することができます。しかし、相続は相続人の生活保...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 相続

    102 view

    1.遺留分とは遺留分とは、「一定の範囲の法定相続人」に認められる、「最低限の遺産取得分」のことです。民法は、被相続人と密接な関係のある人を法定相続人と定めて遺産相続をさせることにより、なるべく被相続人に近かった人が多くの遺産を引き継げるように配慮しています。しかしながら、反...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • ビジネス

    132 view

    第五編相続相続とは、ある人が死亡した時に、その人の権利義務関係が他の人に包括的に受け継がれることをいう。権利義務関係を受け継ぐ人を相続人といい、権利義務関係を受け継がれる人、つまり死亡した人を被相続人という。相続においては権利だけでなく義務も受け継がれるため、借金なども相続...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 遺言

    198 view

    (6)相続・遺言生存中に、死亡後の遺産の処分を決めておくのが遺言です。身分上や財産上の権利や義務について書き残し、一定の方式を満たしていれば、死後に効力が発生します(985条)。■遺言ができる人・遺言は、満15歳以上であればすることができます。行為能力は不要ですので、未成年...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 遺言

    265 view

    1,相続人の廃除とは相続廃除とは、被相続人が、遺留分を有する相続人の廃除を家庭裁判所に求め、これが審判により認められることにより、相続人から除外される制度です(民法892条、893条)。例えば,被相続人を虐待するなどしたため、被相続人が相続人の地位を廃除する。2,廃除の方法...

    • 武井  信雄行政書士 マスク