• 検索結果 :
  • 『遺言』を含む(新着順)
  • 11〜20件
  • 全186件
    • 相続

    172 view

    1.民法における相続の規定民法における相続規定において重要な項目は3つあります・(1)民法上の相続人は配偶者と血族相続人で、順位と相続割合が定められている。実子と養子は同じ相続割合です。(2)相続開始を知った日から3ヶ月以内に相続放棄できる。放棄すると、はじめから相続人では...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    1.民法における相続の規定
    • 信託
    • 相続

    234 view

    家族信託が注目されて久しい。生前贈与の一種だが、家族や親しい人と信託契約を結び、生前から自分の財産管理を任せて老後に備えるというもので、遺産相続のトラブルを防ぐ手段となる。実家の相続においては、親から子に実家の名義を贈与税をかけずに移せる、というのが最大のメリットだ。同時に...

    • 岩橋  栄子FP マスク
    • ライフプラン

    200 view

    ★<親族法と相続法>親族法と相続法は、「家族法」とも呼ばれます。民法は、イメージしやすい分野です。親族法と相続法は、最もわかりやすい分野と言えます。民法を含め、法律というものは見ず知らずの他者との交渉や和解、あるいは賠償などを行っています。親族法と相続法は、家族間紛争や相続...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 信託

    312 view

    一般的な遺言書である『公正証書遺言』作成件数は平成28年に10万5350件(日本公証人連合会の統計)、平成8年の5万件から毎年増加し20年間で2倍に達しました。他に『自筆証書遺言』『秘密証書遺言』(統計資料無し)を含めますと実際に遺言書を作成している人は10万人をはるかに超...

    • 公式コラム
    3代先の家族の幸せを実現する家族信託
    • ビジネス

    236 view

    5<親族、相続法>親族や相続についての分野は、毎年2問程度出題されています。出題は、2種類あります。親族法(725条)では婚姻や親子関係です。相続法(882条以下)では相続や遺言です。親族、相続法の過去問を解いていくと理解がはやまりますので、攻略していく方法としてよいと思い...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • ビジネス

    208 view

    (2)相続の開始相続の開始の流れは下記の手順で行われます。①相続の発生死亡の日から7日以内に市町村役場へ死亡届を提出します。医師の死亡診断書が必要になります。↓②遺言書の有無の確認遺言書があると遺言書の内容を前提として手続きの流れが大きく変わってきます。まず最初に遺言書の有...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    (2)相続の開始
    • ライフプラン

    378 view

    (2)相続・事業承継学習のポイント①民法と相続税法における相続民法における相続、相続税法における相続には、取り扱いに違いがあります。相続を学習する場合にはその違いに注意し、民法上の相続と相続税法上の相続、それぞれの内容を整理していくことが必要です。また、相続と法律では、相続...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • ビジネス

    381 view

    ◇遺留分と遺言相続人の遺留分を侵害する遺言も、当然に無効となるわけではありません。遺留分を取り返す権利を行使するかどうかは相続人の自由であり、『自己の遺留分の範囲まで財産の返還の請求する遺留分減殺請求』がなされるまでは、有効な遺言として効力を有します。☆法定相続人;遺留分法...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • ビジネス

    365 view

    (7)遺留分☆遺留分制度の趣旨民法の相続規定は原則として遺言によって排除しうる任意規定であります。被相続人は相続財産はを生前処分や死因処分によって自由に処分することができます。しかし、相続は相続人の生活保障をも考慮せねばなりません。相続財産の一定割合については、強行規定とし...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • ビジネス

    286 view

    (1)相続・遺言■遺言・遺言は、満15歳以上であればすることができます。行為能力は不要ですので、未成年者であっても満15歳以上であれば遺言することができます。また、被保佐人も保佐人の同意不要で遺言ができるのです。・1度なされた遺言であっても、いつでも撤回することができる!内...

    • 武井  信雄行政書士 マスク