• 検索結果 :
  • すべて(新着順)
  • 71〜80件
  • 全2379件
    • ライフプラン

    206 view

    任意加入被保険者任意加入被保険者とは、60歳までに老齢基礎年金の受給資格を満たしていない場合、もしくは、40年の納付済期間がないため老齢基礎年金を満額受給できない場合などで年金額の増額を希望するときは、60歳以降でも国民年金に任意加入をすることができるひとです。ただし、申出...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • ビジネス

    109 view

    (2)政府関係特殊法人政府関係特殊法人とは、政府が必要な事業を行おうとする場合、その業務の性質が企業的経営になじむものであること。そして、これを通常の行政機関に担当させても、各種の制度上の制約から「能率的な経営」を期待できないとき等に、特別の法律によって独立の法人を設け、国...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • ビジネス

    102 view

    (1)独立行政法人独立行政法人制度とは、➀公共性の高い事務・事業のうち、➁国が直接実施する必要はないが、③民間の主体に委ねると実施されないおそれのあるものを実施するものであり、•1、業務の効率性・質の向上2、法人の自律的業務運営の確保3、業務の透明性の確保を図る仕組みとなっ...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • その他

    171 view

    憲法の3つの特徴憲法の3つの特徴とは、⑴最高法規性⑵自由の基礎法⑶制限規範性です。⑴最高法規性国会が憲法に反する法律をつくったとしても、それは法律としての効力をもたない。(無効である)このことを憲法の最高法規性と呼びます。【憲法98条第1項】この憲法は、国の最高法規であって...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 不動産

    106 view

    Ⅲ-【37条書面における「建物状況調査」】基礎、外壁等の現況を売主・買主が相互に確認し、宅建業者はその内容を売主・買主に書面で交付することが必要です。既存住宅の売買契約を締結する際に既存の建物の状況について、売主および買主が双方で確認をして、その内容を宅建業者が売主および買...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 不動産

    105 view

    Ⅱ-【重要事項説明における「建物状況調査」】重要事項説明とは、売買契約が成立するまでの間に宅建業者が買主に対して重要事項説明書を交付し、契約に関する重要事項を説明することです。その時、重要事項説明の内容を記載し、「交付する書面」は、重要事項説明書といいます。宅建業者は重要事...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 不動産

    124 view

    Ⅱ-【媒介契約における「建物状況調査」】媒宅建業法において、媒介契約とは、売主または買主が宅建業者に不動産の売買または交換の媒介を依頼する契約のことです。媒介契約締結時には宅建業者が媒介契約書を作成して記名押印し、依頼者に交付しなければならないと定められています。(宅建業法...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 不動産

    111 view

    「建物状況調査」とは、宅地建物取引業法(以下「宅建業法」といいます。)の一部を改正する法律が2018年4月に施行により、既存住宅の取引において建物状況調査の活用が「建物状況調査」とは既存住宅の基礎、外壁等の部位毎にひび割れ、雨漏り等の劣化事象・不具合事象の有無を目視、計測等...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • ビジネス

    174 view

    会社とは❶会社とは営利を目的とした集団1-営利を目的に人が集まってくる2-役割分担や権限をもつ組織がある3-法人格がある❷会社は法律で認められた人=法人1、会社とは、「法人格を有する組織であり営利を目的とした人たちの集団」である。2、法人とは、自然人=一般人の個人に対する言...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • ビジネス

    93 view

    憲法第76条第1項は,「すべて司法権は,最高裁判所及び法律の定めるところにより設置する下級裁判所に属する。」と定めています。つまり、「憲法」は,最終審,最上級の裁判所として最高裁判所を設けるとともに,どのような下級裁判所を設けるかについては「法律」にゆだねています。憲法の規...

    • 武井  信雄行政書士 マスク