• 検索結果 :
  • すべて(新着順)
  • 81〜90件
  • 全2379件
    • ビジネス

    158 view

    裁判所の種類と三審制日本は,正しい裁判を実現するために三審制度であります。第一審,第二審,第三審の三つの審級の裁判所を設けています。つまり、当事者が望めば,原則的に3回までの反復審理を受けられるという制度を採用しています。第一審(例えば地方裁判所)の裁判所の判決に不服のある...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • ビジネス

    93 view

    《1》裁判とは裁判とは、裁判所が、法律を用いて、トラブルを最終的に解決する手続きのことです。裁判が行われる裁判所には次の5つの種類があります。❶最高裁判所❷高等裁判所、❸地方裁判所、❹家庭裁判所、❺簡易裁判所があります。国民には裁判を受ける権利があり、裁判所が下した判決に納...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • ライフプラン

    112 view

    第3、国民年金・給付の種類国民年金・給付の種類は〖1〗被保険者の種類を問わず受給できる年金⑴老齢基礎年金⑵障害基礎年金⑶遺族基礎年金〖2〗第1号被保険者期間に基づいて受給できる年金⑴付加年金⑵寡婦年金⑶死亡一時金〖3〗帰国した外国人がもらえる年金⑴脱退一時金があります。⑴老...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • ビジネス

    112 view

    ❸学説学説とは、学者による「法律の解釈」のことをいいます。すなわち、ある「法律の解釈」について、➀学者の意見が学説です。➁裁判所の意見が判例です。ある論点について、多くの学者がおおむね賛成している説を「通説」と呼びます。すなわち、法律においては、説得力があると考えた学説を採...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • ビジネス

    103 view

    ❶条文条文とは、各法律に箇条書きされた文章のことです。法的な議論のスタートは、いつでも条文です。具体的な事件が発生した場合、六法に書かれた条文によって解決できるかどうか検討する必要があります。❷判例判例とは、裁判所が事件を解決するために下した判断のことをいいます。具体的な事...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • ビジネス

    134 view

    ≪❶条文❷判例❸学説≫法律を学んでいくための基本的知識。❶条文❷判例❸学説があります。法律の世界では、何かを主張するためには、しっかりとした根拠・理由づけが必要になります。そして、❶条文、❷判例、❸学説が法的主張の根拠・理由づけとなります。

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • ライフプラン

    150 view

    公的年金制度とは、公的年金制度とは、私たちの人生には、自分や家族の加齢、障害、死亡など、さまざまな要因で、自立した生活が困難になるリスクがあります。このような生活上のリスクは、予測することができないため、個人だけで備えるには限界があります。これらに備えるための仕組みが、公的...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 土地活用

    145 view

    申込申込みとは、特定の内容を有する契約を成立させることを意図してなされる一方的かつ確定的な「意思表示」である。契約の申込みは自由に撤回できません。これを申込みの拘束力といいます。➀承諾期間を定めた申込みは「その期間中」撤回ができません(521条1項)。➁承諾の期間を定めない...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • ビジネス

    131 view

    契約の成立【1】意義一般的に、契約は意思表示の合致により成立します。このことを諾成契約といいます。。そして、契約の類型には、➀諾成契約➁要式契約③要物契約があります。*要式契約とは、一定の形式を備えることが必要とする契約です。*要物契約とは、目的物の引渡しが必要とされている...

    • 武井  信雄行政書士 マスク
    • 相続
    • 不動産
    • ライフプラン

    167 view

    1.配偶者居住権の創設遺言書が無い場合は民法の規定に基づき遺産分割がなされる。そうすると配偶者が自宅を相続した場合、預貯金の相続額が減ってしまい、生活費が不足する恐れが考えられる。そこで、2020年4月以降は所有権と居住権を分けられるようにして、自宅の居住を続けながら預貯金...

    • 岩橋  栄子FP マスク