相談番号:1,427

相続放棄は可能ですか?

  • 投稿日:
  • 2016年10月26日
  • 回答受付終了
  • 相談者:
  • K.A
  • 回答者:
    • 宇井 勝行政書士 マスク
    • 松葉  紀人行政書士 マスク

回答数

2

参考にした人

591

相談者:K.A (富山県)

義父が亡くなった時に、義父名義の預金を引き出し葬儀の費用に充てました。
その後、義父が生前、借金をしていたことが発覚し債務の方が多かったので相続を放棄しようと思うのですが、可能でしょうか。

専門家からの回答

    • 回答 1
    • 宇井 勝行政書士 マスク
    • 2016年10月27日 10:23:58

    はじめまして。
     大変失礼ながら、事実関係に判然としない部分が見受けられますので、一般論として回答させて頂きますと、ご懸念頂いております通り、相続放棄に先立ち、相続人が相続財産を費消した場合、それにより単純承認が擬制される扱いとなっていますが、同制度の存在意義として、相続財産の費消によりもはや相続の放棄等はしないであろうとの意思が表明されているからだ等の説明がなされている通り、その程度にまでは至らない軽微な財産処分や、葬儀費用の支出はここにいう財産の処分には含まれないと一般に考えられています。
     従いまして、葬儀費用を相続財産から支弁したという事実から、直ちに単純承認が擬制される扱いになっている訳ではありませんので、一般的には葬儀費用を相続財産から支弁した場合でも、相続の放棄は可能という理解で宜しいかと思われます。
     簡単な内容ですが、ご参考となれば幸いです。それでは失礼致します。

    「大人の相談」では、無料で行う相談に対して専門家を指名して相談することを直接相談と呼んでいます。無料相談であなたに合った専門家が見つかったら直接相談をしてみましょう。

    この先生に直接相談をする 初回1時間無料

    • 高倉下行政書士法務事務所
    • 行政書士という立場上、本来的には申請等の行政関連の手続が中心分野という事になる筈ですが、相談会等を通じて接する案件は、遺言・相続関連を...
  • あくまで一般論ですが、亡くなられたお義父様にとって身分相応の葬儀であれば、相続人が相続放棄することは可能だと考えられます。

    相続人が相続財産を使用・処分した場合には相続を単純承認したものとみなされ相続放棄ができなくなります。
    ですが、裁判所の判決によると、相応の葬儀費用の支出は道義上必然のものなので単純承認には当たらず、相続放棄は可能と判断される傾向にあります。
    相応の支出であるかどうかは裁判所が判断しますが、領収書等によって説明できるようにしておくといいと思います。

    K.Aさんご自身が相続人であるかはご相談からは不明なのですが、ご家族の相続人についても同様に判断されると考えられます。

    いずれにせよ、亡くなったことを知ってから3カ月以内に家庭裁判所に届出する必要があるのでご注意ください。

    「大人の相談」では、無料で行う相談に対して専門家を指名して相談することを直接相談と呼んでいます。無料相談であなたに合った専門家が見つかったら直接相談をしてみましょう。

    この先生に直接相談をする 初回1時間無料

    • 松葉行政書士事務所(岡山県玉野市)
    • ○遺言書の作成支援、遺産分割協議書の作成○会社・組合の設立○建設業許可○古物商許可○運送業・特殊車両通行許可○ドローン飛行許可・承認○...