相談番号:1,551

相続人との交渉

  • 投稿日:
  • 2018年09月30日
  • 回答受付終了
  • 地域:
  • 神奈川県
  • 相談者:
  • beat656
  • 回答者:
    • 宇井 勝行政書士 マスク
    • 福田 隆彦行政書士 マスク
    • 児玉 卓郎司法書士 マスク

回答数

3

参考にした人

82

相談者:beat656 (神奈川県)

私の母(84歳)の代理にて相続の手続きをしてます。
母には8人の兄弟、姉妹がおります。今年初め、母の妹(A子)が亡くなりました。
A子は生涯独身、両親は亡くなってます。
その他の兄弟、姉妹はすでに亡くなってます。A子と母は私の祖母がが残した土地にアパートを建て(現在はA子名義)過ごしてきました。(建物のローンは完済)
遺言書が無い為、代襲相続ということで、相続人を探した所、9人の相続人が判明しました。
9人の方へ、相続放棄のお願いの手紙を出したのが今年8月の初めです。内、8人の方に了承して頂き、相続分譲渡証明と印鑑証明を頂くことが出来ました。
しかしながら、1名の方(Bさん)がご連絡を頂けません。手紙が帰ってきてないので受け取ってると思います。(戸籍にて住所がわかるも、手紙以外の連絡方法がありません。)
Bさんとは母も面識がございません。

下記質問に回答をお願い致します。

1.Bさんとの交渉をお願いする専門の方は?
2.その場合の費用は?
3.いろいろと期限が迫ってると思いますが…延長は可能か?
 (せっかく書いて頂いた、相続分譲渡証明と印鑑証明が無駄になる?)

土地は横浜市旭区に70坪位です(国道16号が近いですが不便な場所です)。A子の預貯金は300万位です。
建物は3DK×4個集合住宅です。築30年は経過してると思われます。1軒だけお客さんが入ってます。
私の母は妹に家賃を払って借りてる立場になってました。(2011年まで父が生きてたので)

ご教授、宜しくお願い致します。




専門家からの回答

    • 回答 1
    • 宇井 勝行政書士 マスク
    • 2018年10月01日 15:11:47

    はじめまして。
     ご質問頂いている事項の内、先ず、1番目のご質問についてですが、例えば、ご記載頂いている様な相続分の譲渡にまつわる書類の作成をご依頼頂き、その一環として相手方であるBさんの意向を確認する、という程度の範囲であれば我々行政書士の立場でも業務をお引き受けする事は可能かと思われます。しかしながら、Bさん側の合意が得られず、紛争にまで発展してしまいそうな状況では我々行政書士では関与は難しいと言わざるを得ませんし、更に、その様な事態に陥った場合の対応を含め、Bさんとの交渉の全てを一任したいとのご要望であれば、受任し得るのは弁護士のみという事になるかと思われます。
     それ故、次の2番目のご質問につきましては、弁護士に依頼するか、我々行政書士にご依頼を頂くかによっても額は当然異なって来る事になりますし、更に、ご質問者様が具体的にどの様な内容の業務の依頼をなされるかによっても異なってる事になりますので、この場にて具体的な額を提示する事は少々難しいかと思われます。
     最後に、3番目のご質問についてですが、ご記載頂いた内容から推察しますに、主な所では不動産登記との関係が問題になるかと思われますが、この場合、相続絡みで、例えば遺産分割協議書に添付する事となる印鑑証明書の場合、期間の制約は無いとされている一方、売買等を原因とする通常譲渡の場合、契約書類等に添付する印鑑証明書については3か月以内との制約が付されて来る事になる等、実際、どの様な形での登記が行われる事となるかによっても書類の扱いが異なっていますので、具体的な所は、一度、最寄りの法務局なりにご確認を頂く方が確実かと思われます。
     簡単な内容ですが、ご参考となれば幸いです。それでは失礼致します。

    「大人の相談」では、無料で行う相談に対して専門家を指名して相談することを直接相談と呼んでいます。無料相談であなたに合った専門家が見つかったら直接相談をしてみましょう。

    この先生に直接相談をする 初回1時間無料

    • 高倉下行政書士法務事務所
    • 行政書士という立場上、本来的には申請等の行政関連の手続が中心分野という事になる筈ですが、相談会等を通じて接する案件は、遺言・相続関連を...
  • beat656さまへ
    1、交渉ということなら、原則弁護士というのが妥当かと思われます。しかし、ご自分で簡易書留、または内容証明で今一度Bさんと誠実な文面でアプローチしてみたらと思われます。最後は、家庭裁判所に調停の申し立てをされたらいかがでしょう。
    2、家裁なら数万円以内で済みます。
    3、期限で心配されているというなら、それは、相続税納税申告期限のことかと思われます。お母さんが取得されようとしてる相続財産が課税対象だというなら、相続人が9人なら非課税金額は、8400万円と計算されるので土地の路線価を確認して、税務当局に妹のAが死亡したことを知った日から10月以内に先ず、申告納税を済ませておくことが賢明でしょう。

    「大人の相談」では、無料で行う相談に対して専門家を指名して相談することを直接相談と呼んでいます。無料相談であなたに合った専門家が見つかったら直接相談をしてみましょう。

    この先生に直接相談をする 初回1時間無料

    • 福田隆彦事務所
    • 遺産分割、相続手続き・遺言・協議書を作成します。●会社設立新会社法・会社設立・NPO法人設立・変更・解散・継続他●建設業許可建築・土木...
  • 代理人として交渉できるのは弁護士だけです。司法書士の立場に立てば相手方が応じない場合は、遺産分割の調停手続きの申請、それも不可能な場合は審判分割等の書類作成面でのサポートは可能です。弁護士の費用はわかりません。事件や難易度により幅があると思います。費用をかけたくないのでしたら直接その住所に行って交渉したらどうでしょうか。それもかなわない場合は調停手続き等をとったらいかがでしょうか。なお持分譲渡証書についている印鑑証明書はあくまでも持分譲渡証明を担保とするものでありますから期限の制限はありません。

    「大人の相談」では、無料で行う相談に対して専門家を指名して相談することを直接相談と呼んでいます。無料相談であなたに合った専門家が見つかったら直接相談をしてみましょう。

    この先生に直接相談をする 初回1時間無料

    • 司法書士行政書士児玉事務所
    • 多重債務に悩む債権者に代わり、債務整理や過払い請求、自己破産手続き、会社設立、商業登記や相続財産である不動産の登記などの各種手続きの代...