相談番号:1,621

お位牌とお墓が別の人が管理

  • 投稿日:
  • 2020年10月16日
  • 回答期限:
  • 2020年11月05日
  • 地域:
  • 愛知県
  • 相談者:
  • けい
  • 回答者:
    • 勝 桂子行政書士 マスク
    • 福田 隆彦行政書士 マスク
    • 土地家屋調査士行政書士小林大栄行政書士 マスク

回答数

4

参考にした人

38

相談者:けい (愛知県)

祭祀継承者調停について

叔父が長男のお墓に祖父の名前を入れ、墓は自分のもの、

お位牌はお前らがやれと言われました。

しかし、こちらは子孫がいないため、

母の墓も墓じまいしろと言われている状態です。

現在、お寺にお位牌は預けてあります。

相手にお位牌の供養はさせられないのでしょうか


お墓の土地、墓石は、祖父の長男Aの名義。

その子孫が離婚し疎遠のため、

長男の兄弟Bが祖父の名義を勝手に入れました。

その墓の相続となると、長男の子孫だけが相続人になってしまうのでしょうか?

追記

回答ありがとうございます。

よく調べると違っていました。

私は、長男Aの兄弟Cの娘Dです。

祖父の名前はAがいれています。

しかし、祭祀はCが行っていました。

費用は、祖父の遺産の土地の利益や、Cのお金で行っていました。

現在、その土地の相続調停を行っていて売却しますので、

祖父、祖母のお位牌を、永大供養する費用をそこから出しましょうと、

提案しました。

しかし、叔父B達は払わないと言われ、墓は関与するが、祭祀は継承しない、

お位牌は、私Dにがやれと言われました。

長男Aの子孫は調停にも出ておらず、だれも継承していません。

Bは、関与というのは、墓だけは自分のお位牌を入れるつもりなのだと思います。

お寺に相談しましたら、お墓を継承される方にしてもらうのがいいと言われました。

どうしたらいいでしょうか?

お位牌ではなく、お骨でした

専門家からの回答

    • 回答 1
    • 勝 桂子行政書士 マスク
    • 2020年10月16日 16:34:21

    けいさん、こんにちは。
    葬祭カウンセラーで行政書士の勝(すぐれ)と申します。

    祭祀承継について民法897条では、「慣習に従って祖先の祭祀を主宰すべき者がこれを承継する。但し、被相続人の指定に従って祖先の祭祀を主宰すべき者があるときは、その者が、これを承継する」とあります。

    つまり、故人が指定した場合はそれに従い、指定がない場合は「慣習による」と定められています。

    文脈からすると、けいさんはご長男であるAさんのお子さんでしょうか。
    推測ですが、B叔父さまが墓石にお名前を彫られたのは、ほんらい慣習によればお墓の面倒をみるべきご長男が疎遠なため、同じ代の男性である自分が代理すべきと判断されたのでしょう。

    B叔父さまが「お墓は自分のもの」と主張されているということは、そのお墓にご自身も入ることを希望されていますか?
    お祖父さまの遺骨を納骨した際の費用や、お墓の管理費は、どなたが負担されているでしょうか。
    もしそれらをB叔父さまが払っているなら、(お墓の管理者がよいといえば)Bさんもそのお墓に入る権利があるでしょう。

    しかし、長男の家系であるけいさんに、なんの形も遺さないのは申し訳ないという気持ちがあって、お位牌を預けたのかもしれません。
    じっさい、お位牌の管理には費用はかかりませんし、いやなら近くのお寺で「お焚きあげ」をお願いすればよいだけです。
    ※その場合、お布施は少しお包みするのが礼儀です。経済的に余裕があれば数万円。苦しければ5千円くらいでもよいでしょう。
     また、都市部のお寺では条例でお焚きあげができない場合があります。あらかじめご相談してからがよいでしょう。なじみにお寺がない場合は、「おぼうさんどっとこむ」などで相談して、地域でお焚きあげを頼めそうなお寺を紹介してもらってもよいと思います(イオンや業者系の僧侶派遣だと、法事の読経しか頼めない場合もありますので、僧侶が主催する僧侶派遣をおすすめします)。

    むしろ、お墓の権利をB叔父さまが主張していらっしゃるなら、そのお墓についてのこと(墓じまいも含め)は叔父さまに任せられるので、一度Bさんに、お墓をどうするおつもりなのかをしっかりと確認されたほうがよいのではないでしょうか。

    もし、お墓の将来的なことも任せると言われた場合は、撤去費用の見積もりなどをしてもらい、数年がかりで撤去費用を貯めてゆくなど考えなければならないかもしれません。経済的に無理であれば、墓碑にお祖父さんのお名前を彫ったBさんにも少し負担していただけないか、相談してみましょう。

    「大人の相談」では、無料で行う相談に対して専門家を指名して相談することを直接相談と呼んでいます。無料相談であなたに合った専門家が見つかったら直接相談をしてみましょう。

    この先生に直接相談をする 初回1時間無料

    • こちらOK行政書士事務所
    • 【個人向け】お墓やお寺をめぐるトラブル、墓じまい、改葬、家族信託、遺言、相続、任意後見契約、リタイアメント後&離婚後のライフプラン、在...
    • 回答 2
    • 勝 桂子行政書士 マスク
    • 2020年10月16日 16:39:20

    追伸です。

    失礼しました。お位牌を寺へ預けられているということは、菩提寺にお墓があるのですね。

    でしたら僧侶派遣ではなく、お焚きあげについても、まずは菩提寺にお願いしてみてください。

    お位牌を持つと、棚経にみえたり、都度のおつきあいが必要となるのでしょうか。
    そのあたりも、コロナの影響もあり、全国的に形式が変わりつつあります(棚経をやめる人も急増しています)。

    お寺さまが、いまそのお墓の管理者をどなたと認識していらっしゃるのかについても、並行してご確認ください。
    Bさんの認識と違っている場合は、Bさんも一緒にお寺へ行ってもらい、ご住職と線引きを決めるのがよいと思います。

    「大人の相談」では、無料で行う相談に対して専門家を指名して相談することを直接相談と呼んでいます。無料相談であなたに合った専門家が見つかったら直接相談をしてみましょう。

    この先生に直接相談をする 初回1時間無料

    • こちらOK行政書士事務所
    • 【個人向け】お墓やお寺をめぐるトラブル、墓じまい、改葬、家族信託、遺言、相続、任意後見契約、リタイアメント後&離婚後のライフプラン、在...
  • けいさんへ
    亡くなられた方が祭祀の承継を指定している場合には、その子弟が優先します。これがなければ、その地方の習慣に従うものとされています。供養についても誰かに強制されてするものではないと考えられるので意にそわない強制はできないと思います。

    「大人の相談」では、無料で行う相談に対して専門家を指名して相談することを直接相談と呼んでいます。無料相談であなたに合った専門家が見つかったら直接相談をしてみましょう。

    この先生に直接相談をする 初回1時間無料

    • 福田隆彦事務所
    • 遺産分割、相続手続き・遺言・協議書を作成します。●会社設立新会社法・会社設立・NPO法人設立・変更・解散・継続他●建設業許可建築・土木...
  • 墓地の名義が長男名義である。
    墓石の所有者も長男。
    実際、祖父(長男の父)の遺骨は納骨式のそのお墓。
    法定相続であれば、長男の直系が相続します。
    相続人は長男に子供がいない場合は長男の兄弟姉妹です。
    土地所有者である長男が面倒看るのが基本です。

    「大人の相談」では、無料で行う相談に対して専門家を指名して相談することを直接相談と呼んでいます。無料相談であなたに合った専門家が見つかったら直接相談をしてみましょう。

    この先生に直接相談をする 初回1時間無料

    • 群馬県前橋市の小林大栄行政書士登記土地家屋調査士測量設計事務所
    • 平成04年12月から平成11年12月まで東京池袋:十亀司法書士・土地家屋調査士事務所で修業平成12年01月群馬県前橋市南町三丁目にて登...