相談番号:1,634

固定資産税を負担してきた場合の不動産の分割について

  • 投稿日:
  • 2020年12月08日
  • 回答受付終了
  • 地域:
  • 新潟県
  • 相談者:
  • ジラーチ
  • 回答者:
    • 内藤 政信弁護士 マスク
    • 福田 隆彦行政書士 マスク
    • 宇井 勝行政書士 マスク

回答数

3

参考にした人

77

相談者:ジラーチ (新潟県)

この度亡父の不動産(1000万円相当)の相続をすることになりました。
相続人は私と妹の2人ですが、不動産のほかに目ぼしい財産はありません。
妹からは不動産を取得するのであれば、2分の1相当の500万円を支払うよう求められています。
そこで2つ質問です。
1.ここ15年ほどは私が固定資産税や維持にかかる費用を負担してきました。
こちらを分割の基礎にすることはできますでしょうか。
2.妹には夫がいますが、子どもはいません。このまま、話がまとまらず、妹が先に亡くなった
場合は、妹の夫が相続分を引き継ぎ、相続人として話し合うことになるのでしょうか?

専門家からの回答

  • 1、固定資産税を父親に対する立替金と構成可能なら、遺産から差し引いて
    分割することは可能でしょう。
    2、妹さんの分の4分の3は夫が相続し、4分の1はあなたが相続します。話し合いになるでしょう。

    「大人の相談」では、無料で行う相談に対して専門家を指名して相談することを直接相談と呼んでいます。無料相談であなたに合った専門家が見つかったら直接相談をしてみましょう。

    この先生に直接相談をする 初回1時間無料

  • ジラーチさんへ
    1,結論的に言えば、固定資産税等の負担により、あなたが何らかの利益を得ていたとするなら、分割の基礎とすることは困難。
    2、妹の夫が2分の1の相続分を負担する段階になったとき、あなたは、クレームをつける立場では、無くなります。不動産は、共有にしてうまくいくことはまれにはあるかもしれない。しかし、夫の名義になった後では、通常こじれます。
    そう考えた場合、500万円の負担で話がつくなら、あなたの単独所有とすることが賢明かと思われます。

    「大人の相談」では、無料で行う相談に対して専門家を指名して相談することを直接相談と呼んでいます。無料相談であなたに合った専門家が見つかったら直接相談をしてみましょう。

    この先生に直接相談をする 初回1時間無料

    • 福田隆彦事務所
    • 遺産分割、相続手続き・遺言・協議書を作成します。●会社設立新会社法・会社設立・NPO法人設立・変更・解散・継続他●建設業許可建築・土木...
    • 回答 3
    • 宇井 勝行政書士 マスク
    • 2020年12月09日 20:15:42

    はじめまして。
     まず、遺産である土地の分割に関するご質問についてですが、遺産の分割に際しましては、法律に「遺産に属する物又は権利の種類及び性質、各相続人の年齢、職業、心身の状態及び生活の状況その他一切の事情を考慮」して行うとの規定が設けられていますが、これは例えば審判等で分割が問題となった場合の基準を示しているに過ぎないとされていますので、相続人間での協議による分割に際しましては、特定の相続人が全てを相続する形とする事も妨げられていない通り、実際には相続人の間で合意が形成し得る限り、任意の形で行い得るものとされています。
     従いまして、ご質問にある通り、ご相談者様の今までの税負担を考慮する形での分割も可能という事にはなりますが、その前提として他の相続人の同意が必要という事にもなりますので、まずはお二人で話し合われてみる事が先決、という事にもなるかと思われます。
     次に、相続人の一人が亡くなった場合の扱いについてですが、仮にご相談頂いている土地が、分割されないまま共有状態に置かれていた場合、当該土地に関する持分も、被相続人の所有していた財産という事で相続財産の範囲に含まれる事になりますので、結果的にはご指摘頂いている通りの事態が生じる事になります。尚、妹様にはお子様が存在せず、且つ、既にご両親も存在しない状況という事になりますと、妹様の兄弟姉妹に当たられるご相談者様も相続人としての地位に立たれる事になりますので、その結果、妹様の持分がそっくりそのまま妹様のご主人に引き継がれる事にはならない形となる事から、持分的には相談者様が若干優位に立つ事にはなりますが、いずれにしましても、仮にこのまま放置していれば、ご相談頂いている様な事態が生じかねない事は間違いの無い所かと思われます。
     簡単ですが、ご参考となれば幸いです。それでは失礼致します。

    「大人の相談」では、無料で行う相談に対して専門家を指名して相談することを直接相談と呼んでいます。無料相談であなたに合った専門家が見つかったら直接相談をしてみましょう。

    この先生に直接相談をする 初回1時間無料

    • 高倉下行政書士法務事務所
    • 行政書士という立場上、本来的には申請等の行政関連の手続が中心分野という事になる筈ですが、相談会等を通じて接する案件は、遺言・相続関連を...