相談番号:668

計算方法:遺留分の侵害

  • 投稿日:
  • 2015年01月12日
  • 回答受付終了
  • 相談者:
  • ブルックリン28
  • 回答者:
    • 内藤 政信弁護士 マスク

回答数

1

参考にした人

633

相談者:ブルックリン28 (東京都)

遺留分の侵害はどのような計算方法で算出されますか?
具体的な例を挙げてご説明いただけますか。よろしくお願いします。

専門家からの回答

  • たとえば、妻春子、子供をそれぞれ夏夫、秋子とします。

    相続財産として預金2900万を春子に、預金500万を夏夫に相続させる遺言があったと

    して、秋子は結婚時に特別受益として1000万もらっていたとします。

    この場合、遺留分算定の基礎財産は4400万になります。

    春子の遺留分は、4400×2分の1×2分の1=1100

    夏夫は、4400×2分の1×4分の1=550

    秋子も、550

    上記の場合、夏夫が50万円について遺留分の侵害を受けてますね。

    「大人の相談」では、無料で行う相談に対して専門家を指名して相談することを直接相談と呼んでいます。無料相談であなたに合った専門家が見つかったら直接相談をしてみましょう。

    この先生に直接相談をする 初回1時間無料