相談番号:1,061

贈与税の節税

  • 投稿日:
  • 2015年07月09日
  • 回答受付終了
  • 地域:
  • 長崎県
  • 相談者:
  • I.M
  • 回答者:
    • 岩田 志郎税理士 マスク
    • 内藤 政信弁護士 マスク

回答数

2

参考にした人

884

相談者:I.M (長崎県)

借金付きで財産を贈与すれば、贈与税の節税ができると聞いたことがあるのですが、どれ位節税になりますか?

専門家からの回答

  • 借金付で贈与することを負担付贈与といいます。
    この時課税の対象となる金額(課税価格)は土地や家屋の場合は、その贈与の時における通常の取引価額に相当する金額から負担額を控除した価額によります。
    それ以外の財産の場合は、その財産の相続税評価額から負担額を控除した価額となります。

    「大人の相談」では、無料で行う相談に対して専門家を指名して相談することを直接相談と呼んでいます。無料相談であなたに合った専門家が見つかったら直接相談をしてみましょう。

    この先生に直接相談をする 初回1時間無料

    • 岩田志郎税理士事務所
    • 相続QQ隊隊長。大学、自治体、福祉関係での講演、セミナー、相談会多数。FP知識を活かし、人生を鳥瞰した節税プランを提案。(相続QQ隊=...
  • いつだか忘れましたが、従前は土地・建物の贈与税は、路線価で評価したために

    借金付き贈与が行われていましたが、現在では時価評価になりましたので、妙味は

    なくなりました。

    たとえば、1000万で購入した土地が、現在3000万している。

    他方、借金も2000万ある。

    借金付きで子供に贈与すると、

    税務署は、借金相当額で売却したものと見るために、譲渡金額は2000万。

    すると、計算式は省略しますが、譲渡税は204万になります。

    子供は、土地の現在価格の3000万から借金を控除して、贈与税を計算する

    ので、177万になります。計算式省略。

    やるなら、税理士と相談して、利害得失を検討して下さいね。

    「大人の相談」では、無料で行う相談に対して専門家を指名して相談することを直接相談と呼んでいます。無料相談であなたに合った専門家が見つかったら直接相談をしてみましょう。

    この先生に直接相談をする 初回1時間無料