相談番号:1,597

家族信託の信託財産

  • 投稿日:
  • 2019年12月23日
  • 回答受付終了
  • 地域:
  • 兵庫県
  • 相談者:
  • 未来21C
  • 回答者:
    • 遠山  眞人行政書士 マスク
    • 福田 隆彦行政書士 マスク
    • 宇井 勝行政書士 マスク

回答数

4

参考にした人

187

相談者:未来21C (兵庫県)

御担当者 様
宜しくお願いします。
家族信託で預貯金の70%、上場株、国債を信託しようと考えています。
ある方から上場株は信託できないと聞きました。
株の管理、運営を受託者にしてもらいたいのですができないのでしょうか。
ご教授お願いいたします。

専門家からの回答

  • 対応している証券会社はあります。ただし、①受託者は相続人等親族②この分野のパイオニアは共和証券(東京)全国対応は難しいかも③野村、大和の大手もやってますが、専門家が少ないので東京・大阪の中核のお店にお問合せください。④金融財産によっては三井住友信託銀行も対応可能です(ただし金融資産を数千万預ける必要があります。家族信託における上場等の株式財産の専門家は極めて少ないのでお気軽に御相談ください。

    「大人の相談」では、無料で行う相談に対して専門家を指名して相談することを直接相談と呼んでいます。無料相談であなたに合った専門家が見つかったら直接相談をしてみましょう。

    この先生に直接相談をする 初回1時間無料

    • 遠山行政書士事務所
    • 民事信託契約を主業務とする。①ペット信託②障がい者まごころ信託③事業継承信託の信託業務中心に対応する。特にペット信託業務はNPO法人人...
  • https://www.youtube.com/watch?v=bl5rAy4qIKQ&t=12s
    ご参考に

    「大人の相談」では、無料で行う相談に対して専門家を指名して相談することを直接相談と呼んでいます。無料相談であなたに合った専門家が見つかったら直接相談をしてみましょう。

    この先生に直接相談をする 初回1時間無料

    • 遠山行政書士事務所
    • 民事信託契約を主業務とする。①ペット信託②障がい者まごころ信託③事業継承信託の信託業務中心に対応する。特にペット信託業務はNPO法人人...
  • 未来21Cさんへ
    民事信託について、上場株式を扱う証券会社は、限定されています。あなたが取引している証券会社に聞いてみてください。あなたの株式がそのうえで、信託できるなら、あなたの所有している、株式を家族で信頼の厚い息子さんとかを受託者として、名義を移動すれば、権利は、そのままで株式が受益権化されることになり、信託行為でその詳細を決めることができます。

    「大人の相談」では、無料で行う相談に対して専門家を指名して相談することを直接相談と呼んでいます。無料相談であなたに合った専門家が見つかったら直接相談をしてみましょう。

    この先生に直接相談をする 初回1時間無料

    • 福田隆彦事務所
    • 遺産分割、相続手続き・遺言・協議書を作成します。●会社設立新会社法・会社設立・NPO法人設立・変更・解散・継続他●建設業許可建築・土木...
    • 回答 4
    • 宇井 勝行政書士 マスク
    • 2019年12月24日 07:47:28

     まず、ご質問頂いている信託財産の範囲につきましては、法律では「受託者に属する財産であって、信託により管理又は処分をすべき一切の財産」とされており、その範囲について特段の制約は課されていない形となっています。その為、信託可能な財産の種類につきましても、一般的な理解としましては、金銭的価値のあるものであれば凡そ信託が可能であると考えられていますので、金銭の他、ご相談頂いている株式等の有価証券類につきましても、信託財産とする事自体は可能であるとされています。
     しかしながら、その一方で、「法令によりある財産権を享有することができない者は、その権利を有するのと同一の利益を受益者として享受することができない」ともされていますので、例えば、保有規制が設けられている様な株式ですと、その規制と抵触する事となるような形で信託制度を利用する事は出来ない事になりますし、更に、ご検討中の信託の枠組みの内容よっては、その他の業法規制や取引規制に抵触する可能性も否定出来ませんので、ある方のお話も、その様な観点からのお話だったのでは、と推察される所でもあります。
     ただ、いずれにしましても、現行法上、株式が一律に信託禁止財産などの形で位置付けられている訳ではありませんので、株式につきましても信託が一切出来ないという訳ではない、というご理解をして頂ければ宜しいのではと思われます。
     簡単ですが、ご参考となれば幸いです。それでは失礼致します。

    「大人の相談」では、無料で行う相談に対して専門家を指名して相談することを直接相談と呼んでいます。無料相談であなたに合った専門家が見つかったら直接相談をしてみましょう。

    この先生に直接相談をする 初回1時間無料

    • 高倉下行政書士法務事務所
    • 行政書士という立場上、本来的には申請等の行政関連の手続が中心分野という事になる筈ですが、相談会等を通じて接する案件は、遺言・相続関連を...