相談番号:1,630

住宅取得金の贈与について

  • 投稿日:
  • 2020年11月30日
  • 回答受付終了
  • 地域:
  • 岐阜県
  • 相談者:
  • Dhils
  • 回答者:
    • 内藤 政信弁護士 マスク
    • 菅原 勝哉税理士 マスク
    • 福田 隆彦行政書士 マスク

回答数

3

参考にした人

95

相談者:Dhils (岐阜県)

以下の事例の場合において、
住宅取得資金贈与の非課税特例を適用することは可能でしょうか。

住宅取得日(2020年11月30日)以前の日に親より現金で直接300万円(頭金と同じ額)を受け取ったのですが、
銀行口座への入金を失念しておりました。
住宅取得日以後に受け取った金額を銀行口座へ入金すると、
住宅購入後の贈与とみなされ、非課税特例の適用が不可になるでしょうか。

頭金自体は自分の資産から支払っております。

尚、住宅取得日より前日に現金で受け取ったとことを証明する書類はありません。
(敷いて言うならば、親の銀行口座から引き落とした日付は証明できます)。

宜しくお願いいたします。

※補足
引っ越しはまだ完了していません。
実際に居住を開始するのは、12月6日以降になる予定です

追記

内藤様
菅原様

迅速なご回答、誠にありがとうございます。
対応について、よく理解出来ました。

追加で質問させて下さい。
以下の場合でも適用可能でしょうか。

口頭で契約し、住居取得日までに受け取る予定であったのが、
トラブルにより受け取れず、実際に受け取ったのが住居取得後になってしまった場合は
適用不可でしょうか。

お手数をおかけしますが、
何卒ご回答頂きますよう、お願い申し上げます。

福田様

ご回答頂き、ありがとうございました。

専門家からの回答

  • 贈与契約書の作成が必要です。
    取得日前の日付にすればいいでしょう。
    翌年、贈与税0でも贈与税申告する必要がありますね。

    「大人の相談」では、無料で行う相談に対して専門家を指名して相談することを直接相談と呼んでいます。無料相談であなたに合った専門家が見つかったら直接相談をしてみましょう。

    この先生に直接相談をする 初回1時間無料

  • 住宅取得資金贈与の特例は、現金による贈与でも認められます。また、贈与契約は、口頭によっても成立します。実務的には、翌年贈与税の申告をすれば認められています。

    念には念を入れて、親御様の預金引き出しの日付で贈与証書を作成しておけば完璧でしょう。

    「大人の相談」では、無料で行う相談に対して専門家を指名して相談することを直接相談と呼んでいます。無料相談であなたに合った専門家が見つかったら直接相談をしてみましょう。

    この先生に直接相談をする 初回1時間無料

    • 菅原会計事務所
    • 相続譲渡等の資産税業務の経験は30年以上十数年にわたり株式会社TACの税理士課にて法人税法の講師を務める。著書「中堅・中小企業のための...
  • Dhilsさんへ
    金銭を取得する目的を贈与契約で明らかにして贈与契約した日時が記載してあり、それを確定申告の際にすれば問題ないと思います。口頭契約で贈与契約をしても有効です。大切なことは申告することです。

    「大人の相談」では、無料で行う相談に対して専門家を指名して相談することを直接相談と呼んでいます。無料相談であなたに合った専門家が見つかったら直接相談をしてみましょう。

    この先生に直接相談をする 初回1時間無料

    • 福田隆彦事務所
    • 遺産分割、相続手続き・遺言・協議書を作成します。●会社設立新会社法・会社設立・NPO法人設立・変更・解散・継続他●建設業許可建築・土木...