相談番号:947

妻一人が相続する場合

  • 投稿日:
  • 2015年04月03日
  • 回答受付終了
  • 地域:
  • 愛知県
  • 相談者:
  • 式守家
  • 回答者:
    • 福田 隆彦行政書士 マスク

回答数

1

参考にした人

2,100

相談者:式守家 (愛知県)

妻と子供二人います。35歳と31歳です。遺言書で妻一人に相続させようと思ってます。
現在資産は自宅と預貯金で8000万程だと思います。
その場合妻には、相続税はかかるのでしょうか

専門家からの回答

  • 式守家さんへ
    相続人とされる方が、配偶者と子2人の場合の場合は、相続税の基礎控除額は、3000万円+600万円×相続人の数となります。合計額は4800万円の範囲内なら相続税はかかりません。これが原則です。但し配偶者には、配偶者特例を利用することができます。配偶者特例とは配偶者が相続人とされるときに1億6000万円まで非課税とされます。ですから当然、今回の場合は配偶者特例を利用されるものと思います。あなたの配偶者はこのことを十分理解して、相続開始後その選択を課税当局に申請すれば認められます。この手続をすれば相続税はかかりません。
    1つだけ気になることがあります。子の2人には遺留分があります。遺留分は子の権利ですのでこの権利を行使するかしないかは子の判断にかかってきます。相続が開始したことを子が知ってから1年以内に遺留分請求がなければあなたの妻は全額遺産を遺言書の内容とおり取得できます。遺留分請求があった時には子が法定相続人として本来もらえたはずの2分の1を母親から取り戻されることになります。これは遺留分制度が遺言書に優先するとされているからです。
    名古屋行政書士 福田隆彦。

    「大人の相談」では、無料で行う相談に対して専門家を指名して相談することを直接相談と呼んでいます。無料相談であなたに合った専門家が見つかったら直接相談をしてみましょう。

    この先生に直接相談をする 初回1時間無料

    • 福田隆彦事務所
    • 遺産分割、相続手続き・遺言・協議書を作成します。●会社設立新会社法・会社設立・NPO法人設立・変更・解散・継続他●建設業許可建築・土木...