相談番号:1,369

遺言書通り代襲相続人として相続できますか?

  • 投稿日:
  • 2016年06月21日
  • 回答受付終了
  • 相談者:
  • 三四郎
  • 回答者:
    • 川畑 静美行政書士 マスク
    • 福田 隆彦行政書士 マスク
    • 松葉  紀人行政書士 マスク
    • 児玉 卓郎司法書士 マスク
    • 田中 裕晃FP マスク

回答数

5

参考にした人

1,622

相談者:三四郎 (福岡県)

祖父が亡くなり、公正証書遺言を残していることがわかりました。
遺言書には祖父と同居の自宅や預貯金を父に相続させる内容ですが、父が祖父より前に亡くなっており、祖父は遺言書を作り直していなかったようです。
孫の私は父の代襲相続人として、祖父の遺言書通りに父の受け取り分を相続することはできますか?

専門家からの回答

  • 三四郎様、ご相談いただきありがとうございます。
    この場合、遺言書に書かれた財産を上げる相手として、宛名に書かれたその人限りというのが通常です。ですからお孫さんの代襲相続は原則としてありません。
    ただ、お店をやっていたりして長男、孫もお店を代々継ぐような場合、祖父の意思を他の相続人も知っているような特段の事情ががある場合は、孫への相続が認められるかもしれませんが、原則は代襲されません。
    相続人間で遺産分割協議をして、決めることとなります。

    「大人の相談」では、無料で行う相談に対して専門家を指名して相談することを直接相談と呼んでいます。無料相談であなたに合った専門家が見つかったら直接相談をしてみましょう。

    この先生に直接相談をする 初回1時間無料

  • 三四郎さまへ
    遺言で財産的利益を受け取るはずの相続人が被相続人より先に亡くなってしまったような場合には、被相続人としては想定外だったことになってしまっているので代襲相続が通常予定される状態とは異なっているので、こういう場合まで代襲相続がそのまま適用されるとは思えません。相続人全員で協議してください。

    「大人の相談」では、無料で行う相談に対して専門家を指名して相談することを直接相談と呼んでいます。無料相談であなたに合った専門家が見つかったら直接相談をしてみましょう。

    この先生に直接相談をする 初回1時間無料

    • 福田隆彦事務所
    • 遺産分割、相続手続き・遺言・協議書を作成します。●会社設立新会社法・会社設立・NPO法人設立・変更・解散・継続他●建設業許可建築・土木...
  • 三四郎様
    まず、三四郎様が、遺言書にしたがって代襲相続人として相続することはできないと考えます。
    一般に「相続人に財産を相続させる遺言」は、その相続人に財産を譲りたい意思と考えられますので、その人に限って効力を生じ、既に亡くなっている場合は効力を生じません。
    したがって、「跡継ぎに自宅を譲りたい」と遺言に書いているなど、代襲相続させる意思を推測させる特別な事情がない限りは、代襲相続人として遺言通りに相続することはできません。
    しかし、三四郎様は、お父様を代襲相続し相続人となりますので、相続人全員で遺産分割協議をするなかで、遺言の内容を加味することはできると思われます。

    「大人の相談」では、無料で行う相談に対して専門家を指名して相談することを直接相談と呼んでいます。無料相談であなたに合った専門家が見つかったら直接相談をしてみましょう。

    この先生に直接相談をする 初回1時間無料

    • 松葉行政書士事務所(岡山県玉野市)
    • ○遺言書の作成支援、遺産分割協議書の作成○会社・組合の設立○建設業許可○古物商許可○運送業・特殊車両通行許可○ドローン飛行許可・承認○...
  • 公正証書に父親が先に死亡した場合、孫に代襲相続させるなどの記載がない限り父親が亡くなった時点で公正証書の効力は無くなったものとみるべきです。そうなると一般原則に従い貴殿は父親の代襲相続人になり、他の父親の兄弟である叔父叔母と遺産分割協議に加わることになります。

    「大人の相談」では、無料で行う相談に対して専門家を指名して相談することを直接相談と呼んでいます。無料相談であなたに合った専門家が見つかったら直接相談をしてみましょう。

    この先生に直接相談をする 初回1時間無料

    • 司法書士行政書士児玉事務所
    • 多重債務に悩む債権者に代わり、債務整理や過払い請求、自己破産手続き、会社設立、商業登記や相続財産である不動産の登記などの各種手続きの代...
  • 指定相続人が先に死亡した場合、当該部分の遺言効力は無効になります。
    従って、当該のご自宅や預貯金はその他の相続財産と共に、法定相続人全員に帰属することになります。
    これを法定相続通りに分けるか、遺産分割協議で故人の遺志を尊重した配分にするかは、法定相続人全員の意志によります。
    あくまでも原則は法定相続分の権利しかありませんので、他の相続人の気持ちを害さないようにお話を進める必要があるでしょう。

    「大人の相談」では、無料で行う相談に対して専門家を指名して相談することを直接相談と呼んでいます。無料相談であなたに合った専門家が見つかったら直接相談をしてみましょう。

    この先生に直接相談をする 初回1時間無料

    • 株式会社大峰
    • 住宅をはじめとする不動産の購入、売却不動産に関するコンサルティング収益物件の管理相続不動産の整理

公正証書遺言書に関する無料相続相談