相談番号:1,146

実家の不動産を相続しますが

  • 投稿日:
  • 2015年09月07日
  • 回答受付終了
  • 地域:
  • 東京都
  • 相談者:
  • らんでぃ
  • 回答者:
    • 内藤 政信弁護士 マスク
    • 福田 隆彦行政書士 マスク
    • 古橋  清二司法書士 マスク

回答数

3

参考にした人

944

相談者:らんでぃ (東京都)

実家は九州で、現在は東京在住です。実家をどうしようか迷っています。相続の登記などの手続きについて、どこに頼むのがいいのかもわかりません。実家の近く方か現住所に近い方か。どちらにお願いするのがいいでしょうか?

専門家からの回答

  • 現住所に近い司法書士の方がいいですね。

    「大人の相談」では、無料で行う相談に対して専門家を指名して相談することを直接相談と呼んでいます。無料相談であなたに合った専門家が見つかったら直接相談をしてみましょう。

    この先生に直接相談をする 初回1時間無料

  • らんでいさんへ
    実家の自宅の相続をするためには遺言書があればそれに従う必要があるのが原則です。相続人が他にあるなら、遺産分割協議が必要になります。これらが整っているならあなたの現在地に近くの司法書士で足ります。

    「大人の相談」では、無料で行う相談に対して専門家を指名して相談することを直接相談と呼んでいます。無料相談であなたに合った専門家が見つかったら直接相談をしてみましょう。

    この先生に直接相談をする 初回1時間無料

    • 福田隆彦事務所
    • 遺産分割、相続手続き・遺言・協議書を作成します。●会社設立新会社法・会社設立・NPO法人設立・変更・解散・継続他●建設業許可建築・土木...
  • 相続登記であれば、全国どこの法務局であってもオンライン又は郵送で登記申請が可能です。したがって、ご自宅の近くの司法書士に依頼すれば、打合せなども至便ですね。また、登記申請のみならず、登記に必要な戸籍謄本等の取り寄せも可能ですから、わざわざ現地の司法書士を依頼する必要はないでしょう。

    「大人の相談」では、無料で行う相談に対して専門家を指名して相談することを直接相談と呼んでいます。無料相談であなたに合った専門家が見つかったら直接相談をしてみましょう。

    この先生に直接相談をする 初回1時間無料

    • 司法書士法人中央合同事務所
    • 相続、遺言関係事件を多数受任。家庭裁判所の後見人候補者名簿にも登載され、後見人・保佐人に多数就任しているほか、相続財産管理人、不在者財...