相談番号:107

成年後見人制度の利用について

  • 投稿日:
  • 2014年11月13日
  • 回答受付終了
  • 相談者:
  • むさし
  • 回答者:
    • 渡辺 尚美行政書士 マスク

回答数

1

参考にした人

981

相談者:むさし (東京都)

独り暮らしをしている父の様子がおかしいので、病院に連れて行ったら認知症の初期だと言われました。
地元の高齢者支援センターに相談に行ったら、介護保険の手続きと併せて成年後見制度の利用を検討してくださいと言われました。
母は三年前に他界し、私も独り暮らしをしている身なので、いずれわが身のことかと思うと心配です。
これからどうすれば良いのでしょか。

専門家からの回答

  • 成年後見制度について詳しくはは法務省のこちらのページをご参考になさってください。
    http://www.moj.go.jp/MINJI/minji17.html

    認知症となった高齢者は、次第に計算が苦手となり財産の管理が困難になってきます。現在の契約社会のなかで1人で生活させるのは不安ですね。

    また、高齢者を狙った犯罪も後を絶ちません。

    従いまして認知症となった高齢者をめぐる財産管理には、社会的なバックアップが必要であり、これらに対応する制度として「成年後見制度」が創設されました。 成年後見制度は、判断能力が不十分な方々を法律面や生活面で保護したり支援する制度で、成年後見人と呼ばれる方々が、高齢者に代わって契約を行ったり財産の管理などをする制度です。

    むさしさまは、お父様の今後の介護に対する不安と、ご自身の老後に対する不安をお持ちなのでしょうか。

    お父様の介護については地域の高齢者支援センターと連絡を取って、できる限り介護保険の範囲で介護が完結するようにプランを組んでもらってください。

    ご自身の将来に対する不安は、漠然とした不安のままにしておかず、細かく問題を細分化して、解決できる事柄・準備すべき事柄・その時にならなければ何ともならない事柄…というように整理してみると不安が和らぐかもしれません。

    むさしさまは、団塊の世代かとお察し申し上げます。
    生活スタイルも多様化していますし、ご自身の価値観や趣味など自分らしく生活できる時間が長く続きますように計画を立てられたらいかがでしょうか。

    「大人の相談」では、無料で行う相談に対して専門家を指名して相談することを直接相談と呼んでいます。無料相談であなたに合った専門家が見つかったら直接相談をしてみましょう。

    この先生に直接相談をする 初回1時間無料

    • あすなろ行政書士事務所
    • 遺言書作成のお手伝い。(起案・自筆遺言書指導・公正証書遺言作成コーディネート)遺産分割協議書の作成(相続人間の調整を含む)から相続財産...
注目の相談

成年後見人制度の利用について

  • エンディング

認知症の母の財産

  • エンディング

財産の管理等をしてくれる人

  • エンディング

任意後見人契約

  • エンディング

一人暮らしの母のお金の管理について

  • エンディング

相談をもっと見る1,440件

回答ランキング
  • 川畑 静美行政書士 マスク
  • 行政書士かわばた福祉法務事務所

回答ランキングをもっと見る