相談番号:1,203

認知症の妻

  • 投稿日:
  • 2015年10月17日
  • 回答受付終了
  • 地域:
  • 福岡県
  • 相談者:
  • MVK
  • 回答者:
    • 福田 隆彦行政書士 マスク
    • 内藤 政信弁護士 マスク

回答数

2

参考にした人

928

相談者:MVK (福岡県)

認知症の妻について相談です。
子供がいない為、妻には身内がおりません。
私が死んだ時に頼る人がいなくなってしまいます。
今から対策できることは、どのような事がありますか?

専門家からの回答

  • mvkさんへ
    あなたが亡くなった後の認知症の妻の面倒を見る人が身内にいないということで心配されているのですね。こういう場合に考えられるのは、任意後見制度を利用されることをお勧めします。任意後見は契約によってあなたの死後直ちに配偶者の生活の世話をする人をあらかじめ決めておくことです。あなたの親族、友人や先輩でそういうことができる人がいればその人と任意後見契約をしておくといいのではないかと思います。いざとなった時にすぐに対応できる体制をとることができます。若し身内等にふさわしい人がいないときには行政書士で成年後見人となることができる人を選んでおくことも1つの方法です。行政書士会に紹介すればふさわしい人選をしてくれると思います。

    「大人の相談」では、無料で行う相談に対して専門家を指名して相談することを直接相談と呼んでいます。無料相談であなたに合った専門家が見つかったら直接相談をしてみましょう。

    この先生に直接相談をする 初回1時間無料

    • 福田隆彦事務所
    • 遺産分割、相続手続き・遺言・協議書を作成します。●会社設立新会社法・会社設立・NPO法人設立・変更・解散・継続他●建設業許可建築・土木...
  • 最寄りの地域包括センターで相談してみてください。

    一つは介護認定とヘルパーのこと

    二つは適切な施設のこと

    三つは成年後見のこと

    「大人の相談」では、無料で行う相談に対して専門家を指名して相談することを直接相談と呼んでいます。無料相談であなたに合った専門家が見つかったら直接相談をしてみましょう。

    この先生に直接相談をする 初回1時間無料

注目の相談

成年後見人制度の利用について

  • エンディング

認知症の母の財産

  • エンディング

財産の管理等をしてくれる人

  • エンディング

任意後見人契約

  • エンディング

一人暮らしの母のお金の管理について

  • エンディング

相談をもっと見る1,440件

回答ランキング
  • 川畑 静美行政書士 マスク
  • 行政書士かわばた福祉法務事務所

回答ランキングをもっと見る