古橋  清二
ふるはし せいじ 古橋 清二 司法書士
司法書士法人中央合同事務所
  • 相談回答 12件
  • 直接相談 3件
  • コラム 12件

古橋 清二 司法書士のプロフィール

名前 古橋 清二 (ふるはし せいじ)
性別 男性
出身 静岡県
資格 静岡県司法書士会会員
成年後見センター・リーガルサポート会員
静岡県行政書士会会員
NPO法人相続研究所理事
性格 温厚
趣味  最近、農業にはまってい る (本人は「農業」と言っているが、一般的には「家庭菜園」と呼ばれている)。
 耕運機まで所有するなど、道具は一人前だが野菜のできはイマイチ。
 本人は、異常気象だとか、土が悪いとか、品種が悪いなどと言って、決して自分の腕が悪いことを認めようとしない。
また、DIYも好きで、よく見ると、金槌で指をたたいてできたと思われる爪の中の血豆を発見することもある。
 毎週かかさず見るテレビはNHK教育の「野菜の時間」と静岡あさひテレビの「エンジョイDIY」。
出張などで見ることができないときは録画してでも見るという。

所属情報

所属 司法書士法人中央合同事務所
住所 〒 430-0929
静岡県浜松市中区中央二丁目12番5号
電話 053-458-1551
FAX 053-458-1444
URL http://souzoku-hamamatsu.info/
MAP

フォトギャラリー

お仕事情報

経歴 平成2年司法書士登録。平成17年司法書士法人中央合同事務所設立。静岡県司法書士会浜松支部長、静岡県司法書士会副会長等を歴任

 当事務所は、遺言作成、不動産(土地・家・住宅・建物)の名義変更手続、相続関係裁判書類作成、後見業務等のスペシャリストである司法書士が運営しています。
相続に必要な戸籍がわからない、預金の払い戻しが面倒だ、遺産分割協議書を作りたい、というようなことから、不動産の名義変更をしたい、遺言を作りたい、遺言を発見した、父が認知症で判断能力が乏しい、相続で揉めている、借金は相続したくない、などの疑問に、40年のノウハウでお応えしています。
実績・得意分野 相続、遺言関係事件を多数受任。家庭裁判所の後見人候補者名簿にも登載され、後見人・保佐人に多数就任しているほか、相続財産管理人、不在者財産管理人、遺言執行者としても活躍中。著書に、家族の絆を深める遺言書のつくり方」(日本地域社会研究所)、「はい、静岡県司法書士会です 相続の困りごと、お答えします」(静岡新聞社)などがある。
直接相談時の料金目安 30分3,000円を目安にしてください。ただし、具体的案件をご依頼いただく場合は相談料は無料です。

「大人の相談」では、無料で行う相談に対して専門家を指名して相談することを直接相談と呼んでいます。
あなたに合った専門家が見つかったら直接相談をしてみましょう。

この先生に直接相談をする 初回1時間無料